.
3DCG 制作環境 => 特定分野の3Dソフト>人物作成・アニメーション > PV STUDIO シリーズ 概要
トップページ

環境 ~ソフトウェア

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

環境 ~ハードウェア

取り扱いショップ

低価格モーションキャプチャーシステム PV STUDIO

大手ゲーム製作会社や、ポストプロダクションが所有するモーション キャプチャー システムは、大掛かりなスタジオを必要とし数千万円ものコストがかかるシステムで、3D映像制作を行う個人のクリエイターが気軽に使えるものではありませんでした。

.
Online Shop
PV STUDIO スナップ

PV STUDIO 3D
ビデオカメラで撮影された映像を解析し、3D モーションファイルとして取り込む事が出来るモーションキャプチャーソフトウェアです。

定価 : 1,029,000 円 (税込)

URL => PV STUDIO 3D 製品情報


PV STUDIO Character
上記 PV STUDIO 3D の廉価バージョンです。 ビデオカメラで撮影された映像を解析し、3D モーションファイルとして取り込む事が出来るモーションキャプチャーソフトウェアです。

定価 : 294,000 円 (税込)

URL => PV STUDIO Character 製品情報


URL => PV STUDIO シリーズ サンプル

.

PV STUDIO シリーズの特徴

PV STUDIO シリーズは、2台のビデオカメラで撮影された同期した二つの映像からマーカーの座標を割り出すタイプのモーションキャプチャーシステムです。3D映像制作を行うクリエイターが気軽にモーションキャプチャーを利用出来るようにした画期的なシステムです。

対象物、場所を選ばない

『人物』 だけでなく、『動物』 や 『手の指』 などのモーションキャプチャーが可能で撮影場所を選びません。また、大掛かりなスタジオを必要とせず、低価格であるため個人で3D映像作品を作成しているクリエイターや、ポストプロダクションで使用されています。

モーションキャプチャーについて

モーションキャプチャーシステムとは、対象物に貼り付けたマーカーの座標を割り出す手法などで、モーションデータ(キーフレーム情報)としてリアルタイムに取り込むシステムの事をいいます。3D 映像制作において、モーションを付ける作業は大変な労力を必要とし、これらの作業効率化を行う上で重要な役割を果たしています。

モーションキャプチャーシステムのタイプ

  • 機械式
    • 機械式は人形に取り付けられたセンサーやモーターなどの駆動情報を元に動きを取り込む仕組みですが、取り込めるモーションが限られリアリティに欠ける欠点があります。(以前は、Monkey などのシステムが販売されていました。)現在は光学式が主流になっています。
  • 光学式
    • 対象物に貼り付けたマーカーの座標を何らかの方法で取り込む方式です。大掛かりなスタジオを必要とするモーションキャプチャーシステムのようにレザーにより正確な座標を割り出すタイプと、撮影した映像からマーカーの座標を解析するタイプのものがあります。PV STDIO は後者の方式となります。前者と後者には、価格、機能面で対照的なメリットとデメリットがあります。

PV STUDIO シリーズの選び方

PV STUDIO には、PV STUDIO 3D と 廉価版の PV STUDIO Character(キャラクター)があります。両者の大きな違いは、補正機能のサポートと取込時の制限にあります。

PV STUDIO 3D (プロダクション向け)

PV STUDIO 3D には、民生DVカメラで撮影された映像ノイズリダクション、映像からマーカー座標を取り出すタイプによく発生するモーションノイズの除去などの優れた補正機能が提供されています。(ソフトウェア) これは、取り込んだモーションキャプチャーファイルを手持ちの 3Dグラフィックソフトでの編集作業効率化に必要な機能です。

LWS Maya XSI の独自モーションファイルの入出力をサポートしており、生産性の面でPV STUDIO Character を大きく陵いでいます。

詳細は上記製品情報サイトを参照して下さい。

PV STUDIO Character(個人制作者向け)

PV STUDIO 3D がサポートする補正機能を省いて更に低価格にした廉価バージョンです。取り込んだモーションファイルは、3D グラフィックソフト側である程度、修正する必要が出てきますが、個人で映像制作をされているクリエイターには、モーションデータが取り込めるだけでも作業効率が上がります。

一度に取り込めるモーションは、1000 フレームまで(PV STUDIO 3D は無制限)、モーション解像度は秒間30フレームに制限されています。 1秒間30フレーム とした場合、約 30 秒のキャプチャーしか行えない事になるので注意が必要です。

他に必要なもの

ビデオカメラ 2台以上(PV STUDIO Character は2台まで) とパソコンに映像取り込みが出来るキャプチャーボードが必要となります。

ビデオカメラ(2台)

モーションキャプチャーの精度を上げるには、鮮明な映像、高い解像度(画素数)で記録できる DV or HD ビデオカメラが適しています。同じカメラであれば同期は得易くなり、修正作業も少なくなります。

※画素数は静止画で記録できる画素数ではなく、動画撮影の画素数のことです。

キャプチャーボード

上記カメラで撮影した映像をパソコンに取り込むためのボードが必要です。

専用のカメラ&ビデオセットについて

PV STUDIO に適した高速撮影可能なDVカメラ、キャプチャーボードもオプションで販売されています。これは、専用ボード(パソコン)にダイレクトに二台のカメラを接続しパソコンに直接同期のとれた動画を記録する事が出来ます。これにより、民生カメラとキャプチャーボードを使用した場合に必要なモーションの同期に関する修正の必要が失くなり、生産効率が上がります。

また、秒間60フレームの高速撮影タイプの速い動きに適したカメラと、モーションの精度を優先した秒感30フレームで 1024×768 pixel (約 80万画素)で記録可能なカメラの2タイプの製品が用意されています。

URL => PV STUDIO 用 カメラ&ビデオセット

3D グラフィックソフト

PV STUDIO 3D / PV STUDIO Characte いずれの製品も BVH モーションファイルに対応しているため、BVH 取り込みをサポートしている3Dグラフィックソフトであれば、利用する事が出来ます。



あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ