.
トップページ

環境 ~ハードウェア

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

環境 ~ソフトウェア

取り扱いショップ

3DCG 制作者のためのハードウェア導入ガイド 【目次】

本稿では 3DCG制作に必要とされるハードウェア、ならびにOSを含めたPC環境について紹介しています。3Dグラフィックスに求められるソフトウェアを高速、且つ安定して動作させるためのハードウェア選びのポイントや、周辺機器について実体験を元に紹介しています。

以下の見出しは上にかけて新しい内容になっています。

.

2014年現在における3DCG・CADユーザーのマウス選びのポイント

3DCGやCADなど3次元情報を扱うアプリケーションでマウスを使う作業における問題点と、2014年10月現在、マウス選びのポイントについて解説します。というか、半分は愚痴になってます… ほんとカンベンシテよ…

  1. 3DCG制作者のマウス選びのポイント(2014年10月現在)
  2. ホイール機構を持つマウス / 3DCG制作とゲーミングマウス
  3. マウスボタンのタイプと拡張ボタンの数に関する考察
  4. マウスの拡張ボタンに対する割り当て機能について
  5. 3DCG制作を前提とした、拡張ボタン&ホイール付きマウス選び
  6. エレコムマウスの特徴と考察 / 3DCG制作に適すと思われる機種
  7. メモ:Windows 7 64bit 環境で uberOptions を使うには
.

Windows XP サポート終了に伴う対応について

2014年4月8日にサポートの終了した現在も何不自由なく使えている Windows XP が搭載されたパソコン(ソフトウェア)を今後も安全に利用するための方法についての情報をまとめています。CG製作者以外の一般の方も対象にしています。(2014年9月)

第1章:Windows XPサポート終了に伴うOSの入換えと注意点

Windows XP 搭載 3DCGワークステーション および、家庭用パソコンの Windows XP サポート終了に伴う OS の入れ替えに関する注意点について説明ています。

  1. はじめに ~
    1. OS入替えによる Windows XPパソコンの継続利用について
    2. Windows XP を使い続ける事のリスクについて
    3. 2014年4月 現在 移行可能な Winodows について
  2. パソコンが Windows 7 / 8 に対応しているか確認するには
    1. Windows 7 / 8 と ハードウェア互換性を確認する(ツール)
    2. Windows 7 / 8 と ハードウェア互換性を確認する(対応表)
    3. アプリケーションの互換性に関する問題と必要な知識
  3. Windows 32bit 版 と 64bit版 どちらを選択すべきか
    1. 一般市場に普及している Windows と 64bit版 について
    2. 使用中の Windows XP と CPU の 64bit 対応状況を確認する
    3. 32bit から 64bit Windows への移行で得られるメリット
    4. 32 / 64bit CPU、ドライバ、アプリケーションの相関関係
  4. デバイスドライバの確認手順
    1. 内蔵、外部デバイス、周辺機器ドライバの提供状況の確認
    2. メーカーHPに提供ドライバがなくても対応できるケース
    3. 内部デバイス:グラフィックス デバイスに関する注意点
      1. Windows 7 と 8 で異なるグラフィックスデバイス 事情
      2. ビデオカード増設による Windows 7 / 8への対応
      3. Windows 7 / 8 対応 レアもの PCIビデオカード
    4. 補足:WDDM と XDDM / Win7 と 8どちらを選ぶか

第2章:Microsoft Windows 8 の特徴について

製作中

 

第3章:Netbook(EeePC1000HX)のOSアップグレードを例に

製作中

.

3DCGワークステーション導入アドバイス 2010~2011年

3DCG制作を前提とした場合、CPUビデオカード(GPU)の組み合わせが PCを構成する上で最も重要な要素になります。第一部は CPU を基準に 3DCG制作に適した PC環境、ワークステーションを考察します。

第二部では普及の兆しを見せる GPGPU を含め、OpenGL ビデオカードについて考察します。(作成中)

3DCG制作に適した CPU を考察する 2010 ~ 2011

Intel アイコン

Nehalem 世代の Intel 一般市場向け CPU では Xeon との差別化を図るため、ECCメモリ非対応となり 残念な事に PCメーカーが販売する 3DCGワークステーションは Xeon CPU へ移行してしまい敷居が高くなりました。

また、2011年 1月には Sandy Bridge 世代の CPU が登場し、GPU を統合する流れが本格化します。以前、紹介した Core 2 世代よりも 3DCGワークステーションを導入、自作する上で勘案すべき要素は以前より増しています。

  1. 3DCG制作に適したCPUを考察する 2010 ~ 2011
  2. Nehalem 世代の Intel Core i CPU の特徴
  3. 3DCG制作に最適な CPU 構成について
  4. Xeon CPU の特徴と性能について
    1. Nehalem 世代の Xeon と Core i7 を検証する
  5. アプリケーションによって異なる CPU の性能評価
  6. タイプ別 メモリの特徴 (種類・機能・コスト)
  7. Intel Core i5 / i7 比較 ~ 3DCG-CPU考察
  8. Nehalem 世代 CPU ソケットの互換性について
  9. GPU を CPU に統合する新しいタイプの CPU
    1. Intel Sandy Bridge の特徴 ~ 3DCG-CPU考察
    2. Sandy Bridge 第一世代 と 第二世代 ~ 3DCG-CPU考察
  10. まとめ ~ 3DCG 制作に適したCPU 2010~2011
  11. 推奨 3DCG WS 販売メーカー、取り扱いショップ
  12. 【検証】 Core i7 で自作したワークステーション(作成中)

2. nVIDIA Quadro と AMD FirePro ~ GPGPU

Adobe CS4 以降のアプリケーションに代表されるように、GPGPU は本格的な普及の兆しを見せており、ビデオカードを選ぶ上で重要なポイントになります。nVIDIA Quadro、AMD FirePro について考察します。

.

3DCG 制作とキーボードの関係を考察する

Keyboard アイコン

グラフィックス分野において殆ど語られる事のないキーボード。コンピューティングにおいて最も重要、且つ基本的な入力デバイスであるキーボードについて考察します。

  1. キーボードのスイッチ方式と適正を考察する
    1. 接続方式によるキーボードの特徴について
  2. ホームポジションと姿勢 / デザインと体の負担
  3. 3DCG制作とキーボードの位置に関する考察
    1. 【検証】 CG制作用途で使う Realforce108UBK
    2. 【検証】 タイピングで使う Natural Ergonomic Keyboard 4000
    3. 【検証】 CG制作用途で使う ELECOM TK-U05F
.

ゲームパッド Belkin n52te を試す

Beliken n52te

3DCG制作におけるマウス、キーボードの諸問題を解消する可能性のあるゲーム用キーパッドについて考察します。(Belkin n52te)

  1. ゲーム用キーパッドを代替キーボードとして活用する
  2. G13 Advanced Gameboard と Belkin n52te
  3. Belkin n52te をグラフィックス用途で活用する
  4. Belkin n52te とキーボードの組み合わせに関する考察
.

3DCG制作における液晶ディスプレイ環境への移行と問題点

LCD アイコン

色彩を扱う分野全般に適したIPS駆動方式の液晶ディスプレイは、カラーマッチングを前提としたDTP用途に限定される事が多く、最近の普及で誤った選択、使い方をされている方が多いように思います。本稿では3DCG制作をメインとした場合の失敗しない液晶ディスプレイの選び方、注意点について説明します。

  1. 液晶ディスプレイ環境への移行と問題点
    1. Adobe RGB 広色域 液晶ディスプレイについて
    2. 液晶ディスプレイの性能指標と駆動方式について
    3. 液晶ディスプレイのドットピッチと解像度に関して
    4. その他 ~ 画面の縦横比率 / 保証対象外の不具合
  2. 3DCG制作に適した液晶ディスプレイの条件
    1. AdobeRGB広色域ディスプレイを購入する際の注意点
  3. RDT241WEX を購入 ~ 3DCG / WEB制作用途
  4. RDT262WH を購入 ~ 3DCG / WEB制作用途
    1. RDT262WH 作業用ディスプレイとして使う方法を模索
.

ホイール付きマウス ~ 3DCG制作環境を改善する

ロジクール MX518 アイコン

3DCG ソフトウェアにおいてホイール付きマウスをメインの入力デバイスとして活用する際の問題点、改善策のヒントを最近購入したホイール・マウスを例に紹介します。

  1. 3DCG 制作 ホイールマウスの活用と問題点
  2. ロジクール MX518 ~ 3DCG制作用途に使ってみた
  3. ロジクール G-3LS ~ 3DCG制作用途に使ってみた
  4. その他 チルト機構を持たないホイールマウス
  5. UberOptions による拡張ボタンの活用
.

3DCGワークステーション導入アドバイス

3DCGワークステーション導入アドバイス

3DCG制作といっても様々な作業工程があり、何処にウエイトを置くかで最適なハードウェア構成も変わってきます。個人でハードウェアに自信のある方は自作という選択肢もありますが、そうでない方は出来合いのワークステーションを選ぶ必要があります。

他にも、学校や制作プロダクションなど企業で導入するケースではサポート面や人的コストの面で自作PCは現実的ではありません。目的や用途にあったメーカー製 3DCGワークステーションを選ぶ上で注意したいポイントについてまとめています。

  1. 3DCG/CAD ワークステーションの概要 ~ はじめに
  2. 3DCGワークステーション CPU構成に関して
    1. マルチコアCPU 1構成ワークステーションのメリット
    2. ◆ 一般的な 3DCG Workstation ~ 2コア1CPU構成
    3. ◆ 一般的な 3DCG Workstation ~ 4コア1CPU構成
    4. ◆ 3DCG レンダリング・サーバー ~ 総コア数 8以上
  3. AMD と Intel どちらを選ぶか ~ 3DCG Workstation
    1. ベンチマーク・ツールによる比較と注意点 CINEBENCH
  4. 3DCG ワークステーション 取り扱いパソコンメーカー
.

3DCG制作者のための自作PCアドバイス

3DCG制作者のための自作PCアドバイス

現在市販されている 3DCG/CAD ワークステーションは特別なコンピューターではなく、自作PC と同じ IBM PC/AT互換機です。3DCG / CAD 制作に適したPCパーツを選べば更に目的にあった無駄の無い 3DCGワークステーションを作る事が出来ます。

自作にはリスクが伴いますが、上記、出来合いのワークステーションに比べカスタマイズ性に制限がなく、それぞれのパーツに拘れる魅力があります。個人の自作経験(自作歴14年)に基くワークステーション自作アドバイスとなっています。

  1. 3DCG / CAD 制作に適したPCを自作する
  2. パソコン(PC) を構成する主要パーツ その1
    1. パソコン(PC) を構成する主要パーツ その2
    2. PCパーツ購入時に必要となる OS について
  3. PC/AT互換機 拡張スロットの規格とトレンド
    1. PC/AT互換機 拡張ボードの種類と概要
    2. 市販されている拡張カードの種類と規格について
  4. PCパーツの調達と購入に関するアドバイス
    1. PCパーツショップ選びのポイントとおすすめショップ
    2. ショップの付き合い方とマナーについて
    3. PCパーツ 【店舗】 調達のメリットとデメリット
    4. PCパーツ 【ネット】 調達のメリットとデメリット
  5. 自作PC 初心者がリスク軽減のために出来ること
    1. 相性問題の発生率と組合せ ~ 個人の経験に基く
.

ハードウェア構成により異なる Windows OS の選び方

ハードウェア構成により異なる Windows OS の選び方

どの Windows OS を選ぶかは、3DCG ワークステーションを自作、パーツを選定する上でも深く関ってきます。ここでは 3DCGワークステーションを自作する上でハードウェア構成や、3DCG制作目的にあった OS 選びのポイント、注意点を説明します。

Windows XP Professional x64 Edition DSP版は既に入手不可能です。マイクロソフトはなかった事にして欲しいのか、DSPの受注がないのか、積極的に販売して欲しいです。現状では Windows 7 64bit に期待する意外にありません。

  1. CPU構成で異なる Windows OS と選び方について
  2. マイクロソフトOS Windows の販売形態について
  3. Windows のライフサイクルとライセンスについて
  4. 3DCG 制作に適した Windows OS の特徴
    1. Windows XP Home Edition ~ 3DCG制作に関して
    2. Windows XP Professional ~ 3DCG制作に関して
  5. Windows XP Professional x64 ~ 3DCG制作に関して
    1. XP Professional x64 が動作する CPU と マザーボード
    2. CPU とマザーボードの確認方法 ~ XP Pro x64
    3. 64bit版(x64 XP) デバイス・ドライバの対応状況の確認
    4. ソフトウェアの対応状況を確認 ~ XP Professional x64
    5. まとめ x86 から x64 環境への移行について
  6. XP 出荷停止になる前に ~ VISTAのダウングレード権
  7. Windows VISTA ~ 3DCG 制作に関して
.

3DCG / CAD 制作に適したビデオカードの選び方

3DCG 制作に適したビデオカードの選び方

3DCG / CAD 用のビデオカードを選ぶ上での注意点、一般的に多い誤解、ベンチマーク、環境を調べる方法、お勧めのビデオカードについて説明しています。

  1. 3DCG 制作に適したビデオカードの選び方
  2. 一般ユーザーに多い誤解
  3. SPECviewperf による検証
  4. OpenGL バージョンの確認方法
    1. 3DCG ソフトと OpenGL の関係 ~ LW3Dを例に
  5. 賢明なビデオカードの選び方 ~ Quadro FX 選定アドバイス
    1. 最下モデル Quadro FX 350 の実力と評価の目安
  6. 総括 ~ 賢明なビデオカードの選び方

一般の方(特にゲームユーザー) には誤解を招き易いコンテンツです。検索エンジンから来られた方はご注意ください。1ページから順を追った説明となっています。



あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ