.
3DCG 制作環境 => 3DCG ソフト選びのポイント4. 3D グラフィックソフト データの互換性とフォーマットについて
トップページ

環境 ~ソフトウェア

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

環境 ~ハードウェア

取り扱いショップ

3D グラフィックソフト データの互換性とフォーマットについて

3D グラフィックソフトで作成されデータ(ファイル)は、基本的に互換性はありません。例えば Shade で作成されたデータは Shade でしか開くことは出来ません。

形状データの互換性(やりとり)について.

モデラーで作成した形状データは共通の汎用形状フォーマットで出力することで、他の3DCGソフトウェアへ取り込む事が可能です。代表的な3D汎用フォーマットは、DXF / 3DS / OBJ です。

3D 汎用フォーマットが対応している情報

3D グラフィックソフトが入出力に対応していても、これらの情報が全てやり取りできるとは限りません。3Dグラフィックソフトのサポートにより左右されます。基本的に形状データのやり取りは行えます。

含まれる情報 DXF(12) 3DS OBJ
グローバル座標
頂点(Vertex)座標=形状
頂点カラー情報 × × ×
頂点ウエイト情報 × × ×
法線(裏表の情報)
四角メッシュ ×
三角メッシュ
UV情報 × 一つのみ 複数
テクスチャ ×
マテリアル(色) ×
グループ
階層 × × ×
反射・輝度etc × × ×

※DXF ‥‥AutoDesk社の2D/3D CAD汎用フォーマット
※3DS ‥‥同社の3DCG ツール3dsMaxの汎用フォーマット
※OBJ ‥‥Alias|Wavefrontの汎用フォーマット

これらのフォーマットは、頂点(Vertex)の座標情報が含まれています。つまり、書き出すサーフェイス属性は、ポリゴンサーフェイスである必要があります。

注意

3D グラフィックソフトが書き出す DXF/3DS/OBJ 汎用フォーマット(特にDXF)には方言があり、他の3D グラフィックソフトにインポートするとスケールや法線方向が裏返る、グローバル座標がひっくり返るといった事もよく発生します。

また、アプリケーションによっては、単純に頂点(Vertex)の座標しか出力しないものや、出力時に指定できるもの、又は、汎用フォーマットのバージョンによっても異なります。

スプラインベースのモデラーの場合

スプラインベース(NURBSやベジエ モデラー)の場合、一度ポリゴンに変換する必要があります。異なるNURBS モデラー同士でサーフェイス属性を維持して形状データのやり取りを行う事は、3D グラフィックソフト単体では行えません。

このような形状データのやり取りを行う場合、変換を専用に行うコンバーターが販売されています。なかでも PolyTrans はNURBSサーフェイス のトリム情報からスケルトンやモーションまで全てをコンバートする事を目標に開発されている製品もあります。 (Maya / 3dsMAX / XSI ハイエンド3DCGグラフィックス向け)

URL => .PolyTrans

この製品は、Maya / 3dsMax のNURBS(トリム情報含む)アニメーションやスケルトンなど完全なデータ変換を行う事を目標に開発されているコンバーターです。

マテリアル・テクスチャ・アニメーション

3D グラフィックソフトで作成したマテリアルやテクスチャの情報は、互いの3D グラフィックソフトにおいて互換性はありません。通常は、汎用フォーマットで形状を取り込んだ後に、設定を行う事になります。

Alias FBX フォーマットについて.

FBX フォーマットは、異なる 3D グラフィックソフト 間での制作をシームレスに行うためにAlias 社がオープンソースとして仕様策定、提唱している比較的新しいファイルフォーマットです。またプラットフォーム(OS)にも依存しません。3Dに関する情報だけでなく、QuickTime や画像、音声情報など様々な情報も含めることが出来る仕様となっています。(開発者向けSDKも配布しています)

Kaydara社のハイエンド3Dアニメーション専用ソフト MotionBuilder はFBXフォーマットを使用して他の3D グラフィックソフトにモーション編集を提供する製品でしたが、2004年8月にMaya開発元の Alias 社に買収されています。

FBX フォーマットの概要

FBX フォーマットの仕様には、これまでの上記汎用3Dフォーマットにはなかったシーンファイル特有の情報も含まれています。これらの情報のやりとりが全て行えるかどうかは3D グラフィックソフトのサポート状況により異なります。

3D グラフィックソフトに関連する情報 FBX
頂点カラー情報
頂点ウエイト情報
マテリアル情報
テクスチャ
UV 情報
スケルトン(ボーン・ウエイト・スキニング)
モーフィング情報
アニメーション(階層構造含む)

FBX 入出力に対応した 3D グラフィックソフトであれば、FBX ファイルを経由してモーションの編集を他の製品で行ったり、分野ごとに得意な3D グラフィックソフトを使い分けるといった制作環境を構築することが出来るようになります。

FBX に対応している 3D グラフィックソフト

このサイトでは、これから3DCGを始める方を対象としていますのであまり意識する必要はないと思いますが、このサイトで紹介している対応済みの 統合型 3D グラフィックソフト は以下の通りです。どこまで入出力をサポートしているのかは、各メーカーに問い合わせる必要があります。

ハイエンドクラス

SOFTIMAGE | XSI / 3ds MAX / Maya

ミドル クラス

LightWave3D / CINEMA 4D

エントリークラス

Shade6 以降 / STRATA3D CX / CARRARA4 PRO は入力のみサポート(CARRARA4 STANDARDは未対応)

FBX プラグイン、SDKの入手先

LightWave3D-8 / 3dsMAX-6~7 / Maya-6.5~7 に関してはAlias社からプラグインが提供されています。それ以外は、各メーカーがそれぞれ対応しています。FBX プラグイン入手先等、詳しい情報は下記URLを参照して下さい。

URL => http://www.alias.co.jp/products-services/fbx/
(無料のメンバー登録が必要)

参照 => 無償 FBX ソフトウェア開発キット(SDK) を発表 Alias プレスリリース
参照 => CINEMA 4D の FBX 対応に関する記事

関連

このサイトで紹介している 『エントリークラスの製品選びのポイント』 に関連する記事

参照 => 3DCG モデラーのタイプ(種類)と特徴について

参照 => 3DCG モデラーを基準とした製品選びのポイント

参照 => 複数の製品を組み合わせる事も視野に



3DCG ソフト選びのポイント

  1. 自分に適したソフト選び
  2. 3Dソフトウェアの種類
  3. エントリ クラス個人評価
  4. データ互換とフォーマット
    1. モーションデータ

関連ドキュメント

クラス別 3DCG ソフトの傾向

制作/作業の効率化


3DCG ワークステーション

3DCG/CAD制作に特化したお勧めのワークステーション

ドスパラBTO パソコン

Quadro搭載パソコン


主要 統合型 3DCGソフト

書籍の出版数は人気のバロメーター。価格帯も分かります。

3ds Max

Softimage|XSI

Maya

Lightwave 3D

CINEMA 4D

separator

Shade

Shade 作品集

アニマス

CARRARA

STARATA 3D


プロ用 3DCG 素材集

業界御用達、プロ用 3DCG 素材集

DOSCH シリーズ

Sachform シリーズ

3D Total 社

Greenworks 社


テクスチャ制作支援ハード

高度なテクスチャ制作、品質・生産性向上に関連の深いハードウェア

ペンタブレット

イメージスキャナ

デジタル一眼レフ

コンパクトデジカメ


フィギュア・模型 SHOP

可動フィギュア・デッサン人形等、モデリング、テクスチャ、造形のヒント


求人・スクール情報

ゲーム業界等、求人情報や 3DCG ソフトの習得を目的としたスクール情報など

あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ