.
3DCG 制作環境 => 3DCG ソフト選びのポイント3.エントリ-クラス 3D グラフィックソフトの個人評価
トップページ

環境 ~ソフトウェア

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

環境 ~ハードウェア

取り扱いショップ

目的別 エントリークラスの統合型3D グラフィックソフトの評価

エントリークラスの統合型 3DCG ソフトェア 製品は、向き、不向きがハッキリしており、それが個性となっています。初めて 3D グラフィックソフトを購入される方には、開発元の情報では分かり難いので、専門家としてジャンル別に機能比較、分析を行い評価しました。

評価の概要

あくまで私(3DCG歴16年)の個人的な評価ですので参考程度にして下さい。ニーズに合うものが見つかれば、必ずしも 価格の高い高機能の 3D グラフィックソフト は必要ではありません。

尚、評価にあたって注目したポイントは以下の通りです。

  • サーフェイスの属性(スプラインの属性)
  • モデラーの編集、加工機能
  • インターフェイスの操作性
  • レンダラーの品質(方式とカスタマイズ性)
    • レンダリング速度は評価対象外としました。

3Dモデリング ~ジャンルごとの適正


製品名 建築パース インダストリアル 人間・動物
Shade ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆
Animation Master ★★☆☆☆ ★☆☆☆☆ ★★★☆☆
STRATA 3D CX ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★☆☆☆☆
CARRARA ★★★☆☆ ★☆☆☆☆ ★★★☆☆

建築・工業製品のプレゼンテーションにおいては、Shade が最も適しています。逆にパッチポリゴンモデリングの操作性が悪く、スプラインベースモデラーの性格上、キャラクターモデリングに適しません。

セルアニメーションなどキャラクターアニメーションをメインに作成したい方はAnimtionMaster が適しています。製品名の通りです。

Shade を使用して 美しい女性を作成するクリエイター、ホビーユーザーは多いです。元祖は加藤直之氏 (SF画家) 沈黙の美女(最終的にはポリゴンで処理されていたような記憶が・・)ですが、くつぎけんいち氏(漫画家)の バーチャルアイドル てらいゆき もShade 生まれです。(当時パッチポリゴンはShadeにはありませんでした)

Shade2 の頃、私もShade で人物を作成した経験がありますが、現実離れした職人技が要求されます。このような方々に影響されてShade を選んで後々後悔された方も多いのではないでしょうか。

現在 Shade / STRATA がサポートするパッチポリゴンは操作性、パフォーマンスとも実用レベルにありません。

レンダリングに関する評価


製品名 レイトレース品質 GIカスタマイズ性
Shade ◎(CALIST使用時)
Animation Master 検証できず
STRATA CX ×
CARRARA

環境光が重視される建築分野に最も適したレンダリングエンジンを持っているのはShadeです。特に環境光(GI = グローバルイルミネーション)系のレンダリングは計算負荷が高いため、どこまでカスタマイズ(最適化)出来るかが、製品選びのキーになります。

アニメーションに関する評価


製品名 IK・Bone keyフレーム編集
Shade ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆
Animation Master ★★★☆☆ 検証できず
STRATA CX ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆
CARRARA-4Pro ★★☆☆☆ ★★★☆☆

Shade は昔からアニメーションの操作性が高くありません。キーフレームの編集機能が重要になります。CARRARA は加速、減速に関して適切なデフォルト値が適用されるのでスムーズなアニメーション制作に適しています。


ちなみに、このサイトでミドル クラスに分類している LightWave3D や CINEMA 4D を同じ視点で評価した場合、全て星が埋まります。ハイエンド 3D グラフィックソフトは、更にその上となります。

その他の独自ファイルの互換性

低価格なエントリークラスの 3D グラフィックソフトの中には、互いの弱い所を補う形で、互換性を維持している製品もあります。例えば、Shade は、Animation Master 形式での形状データをサポートしていたり、人体専用 モデリング・アニメーションツールのPOSER は、外部の統合型 Shade や CARRARA との連携を意識しています。

関連

このサイトで紹介している 『エントリークラスの製品選びのポイント』 に関連する記事

参照 => 3DCG モデラーのタイプ(種類)と特徴について

参照 => 3DCG モデラーを基準とした製品選びのポイント

参照 => 複数の製品を組み合わせる事も視野に



3DCG ソフト選びのポイント

  1. 自分に適したソフト選び
  2. 3Dソフトウェアの種類
  3. エントリ クラス個人評価
  4. データ互換とフォーマット
    1. モーションデータ

関連ドキュメント

クラス別 3DCG ソフトの傾向

制作/作業の効率化


主要 統合型 3DCGソフト

書籍の出版数は人気のバロメーター。価格帯も分かります。

3ds Max

Softimage|XSI

Maya

Lightwave 3D

CINEMA 4D

separator

Shade

Shade 作品集

アニマス

CARRARA

STARATA 3D


プロ用 3DCG 素材集

業界御用達、プロ用 3DCG 素材集

DOSCH シリーズ

Sachform シリーズ

3D Total 社

Greenworks 社


3DCG ワークステーション

3DCG/CAD制作に特化したお勧めのワークステーション

ドスパラBTO パソコン

Quadro搭載パソコン


フィギュア・模型 SHOP

可動フィギュア・デッサン人形等、モデリング、テクスチャ、造形のヒント


求人・スクール情報

ゲーム業界等、求人情報や 3DCG ソフトの習得を目的としたスクール情報など

あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ