.
3DCG 制作環境 => 制作効率化 / 素材集の活用>Shade(シェード) 実用素材>建築プレゼン 点景素材
トップページ

環境 ~ソフトウェア

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

環境 ~ハードウェア

取り扱いショップ

Shade(シェード) 建築プレゼンに使える形状素材集

建築分野のプレゼンテーションで点景素材として使える形状素材集です。Shade 独自のファイルで提供されており、Shade をお使いであれば直に点景素材としても活用する事が出来ます。

素材集としての魅力は半減しますが、実売8000円ほどで Shade Basic(廉価版)も販売されているので、DXFやOBJなどの汎用フォーマットで書き出せば、形状データを他のソフトで活用するといった使い方も考えられます。

日常みかける乗用車・特殊車両・貨物運搬

icon実用3Dデータ集09 車の森
icon実用3Dデータ集09 車の森

製品URL => .実用3Dデータ集09 車の森
実用3Dデータ集09 車の森 サンプル

Format
shd / Shade 7.5 / 8シリーズ(Windows版、Mac OS X版) ver6 以降は使用不可

Media CD-ROM

乗用車、トラック、バス、タクシーや工事用や緊急用、専用車両など様々な車形状データを収録しています。国産だけに日常よく目にする車種となっており、カラーリングを変更したパターンも収録されているため建築プレゼンなど点景素材に直に利用する事が出来ます。

乗用車(58車種) / 貨物運搬車(49車種) / 特殊車両(15車種) / 緊急用車両(13車種) / バス・タクシー(135台以上) / 二輪車(10車種) / 他ホイール、ミラーなどのパーツ多数

建物、設備

icon実用3Dデータ集01 街の森1
icon実用3Dデータ集01 街の森1

製品URL => .実用3Dデータ集01 街の森1
実用3Dデータ集01 街の森1

Format
shd / Shade 7.5 / 8シリーズ(Windows版、Mac OS X版) ver6 以降は使用不可

Media CD-ROM

冊子や出窓、玄関など様々なエクステリアから、家、マンション、ビル、ガソリンスタンドなどの建築物、公園の遊具や自動販売機など、街をテーマにしたありとあらゆる3D形状素材集です。国内産ですので馴染み深い内容となっています。

一戸建住宅(50)/ 公共施設(14)/ ビル(30)/ 集合住宅(16)/ 店舗付建物(27)/ 外溝、庭(38)/ 公共設備(26)/ 看板(32)/ 窓・ドア(187)/ シーン(9)

道路・道路標識・信号機・ポストなど街の素材

icon実用3Dデータ集02 街の森2
icon実用3Dデータ集02 街の森2

製品URL => 実用3Dデータ集02 街の森2
実用3Dデータ集02 街の森2 サンプル

Format
shd / Shade 7.5 / 8シリーズ(Windows版、Mac OS X版) ver6 以降は使用不可

Media CD-ROM

道路周辺設備(96)/ 道路標識(120)/ 樹木(223)

人体形状(日本人)・点景素材

icon実用3Dデータ集03 人の森 (人体形状集)
icon実用3Dデータ集03 人の森 (人体形状集)

製品URL => .実用3Dデータ集03 人の森
実用3Dデータ集03 人の森 サンプル

Format
shd / Shade 7.5 / 8シリーズ(Windows版、Mac OS X版) ver6 以降は使用不可

Media CD-ROM

老若男女、様々な年齢、職業の形状データ、ポーズデータを収録しています。国産ですので日本人がベースです。240体もの着衣ポーズデータが収録されており、建築プレゼンテーションにおいて点景素材として最適な素材集です。

裸体基本形状(23)/着衣基本形状(66)/着衣ポーズ(240)/シーン(70)/小道具(21)/群衆(4)

Shade 8 Basic (統合型3Dグラフィックソフト-廉価版)

iconshade
iconShade 8 basic for Windows
iconShade 8 basic for Mac OS X

製品URL => .Shade 8 / Shade ギャラリー / 動作環境

純国内産の統合型 3Dグラフィックソフトです。廉価版 のShade Basic は、機能制限により低価格で販売されています。オブジェクト書き出しは、3D汎用フォーマット DXF / OBJ※ のみ対応しているので、Shade の形状素材集を他の3Dグラフィックソフトで活用する事も可能です。

この場合、利用できるのは形状データのみと考える方が無難です。素材集としての魅力は半減しますが、形状データを使用できるだけでも制作コストは削減できます。

Shade 8 から OBJ 出力が強化されています。

■関連記事
Shade (シェード)に関する記事
エントリークラス 統合型3Dグラフィックソフト Shade
3Dデータ互換に関する記事
3Dグラフィックソフト データの互換性について



あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ