.
3DCG 制作環境 => 主要3Dソフト比較 => 3DCG エントリークラス>Shade (シェード)>Shade シリーズ概要
トップページ

環境 ~ソフトウェア

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

環境 ~ハードウェア

取り扱いショップ

Shade(シェードシリーズ) 概要:主な機能と情報

モデリング関連

ご注意
このページで示す機能は、Shade が有する全ての機能ではありません。3Dグラフィックソフト比較検討用の材料として、統合型3DCGソフトを選ぶ上であった方が良いと思われる機能を初心者に代わってピックアップしています。

表の 『 3Dソフトとして欲しい機能 』 のリンク先は、初心者のための一般的な用語解説です。Shade 全ての機能を示すものではありませんので注意して下さい。Shade 8 の機能については以下で確認して下さい。
参照 => Shade シリーズ毎の機能比

Shade がサポートするモデリング手法について

Shade は基本的にスプラインベースのモデラーです。パッチポリゴン系のモデリング機能は後発で操作性は高くありません。

3Dソフトとして欲しい機能 Basic Standard Professional
パッチポリゴン系
スプライン(ベジエ)
メタ系(メタボールetc)
ブーリアン

また、Shade は古くから数式によるブーリアンをサポートします。

レンダリング(計算)関連

昔からShade のレンダリングエンジンはスキャンライン、レイトレーシングとも美しさに定評があります。基本的なレイトレーシングレンダリングの速度は速くもなく、遅くもなくといった感じです。

3Dソフトとして欲しい機能 Basic Standard Professional
スキャンライン
レイトレーシング
ラジオシティ法
フォトンマップ(コースティクス)
TOONレンダリング
モーションブラー
被写界深度※1
マルチプロセッサ
ネットワークレンダリング

※1 ここで示す被写界深度とは計算により得られるものを指しています。

TOON(トゥーン)レンダリングは、セルアニメ調、水彩画調などのレンダリング手法です。Shade8では再び復活しています。全てのラインナップにレイトレーシング拡張のパストレーシング、またフォトンマップによる間接光表現、コースティクス表現を行う事が出来ます。

ライト関連機能(種別と影の処理など)

レイトレーシングレンダリングにおけるシャドーマップがサポートされるのは Professional だけなのが痛いです。

3Dソフトとして欲しい機能 Basic Standard Professional
シャドーマップ ※1 ※1
レイトレーシング ソフトシャドー※2
ボリュームライト
IBL ※3
テクスチャーベイク ※4
エフェクト(レンズフレアetc)※5

※1 Basic / Standard はスキャンラインレンダリングのみサポート
※2 Shadeではパストレーシング
※3 イメージベースドライティング(HDRI)サポートの有無
※4 ライトの計算結果をテクスチャとして焼き付ける機能(コスト削減化)
※5 Standard は GlowEffector プラグイン(オプション)で可能

マテリアル・テクスチャ関連

Shade は昔からテクスチャーマッピング インターフェイスの操作性はよくありません。

3Dソフトとして欲しい機能 Basic Standard Professional
UVマッピング
法線マップ(ノーマルマップ)
ディスプレイスメント(変異マップ)
シェーダー拡張

入出力関連

一般的に必要とされる主要ファイルフォーマットです。Shade は Poser(ポザー)の独自ファイルの入力をサポートしています。 Poser で作成した形状を読み込んでレンダリングする事が可能です。 また、Shade 全バージョンで Animation Master 形式で出力可能なため、正確なモデリングが苦手な Animation Master のモデラーとしての用途に適しています。

注意 Shade が有する全ての機能ではありません。

3Dソフトとして欲しい機能 Basic Standard Professional
形状データのやり取り
DXF IN/OUT IN/OUT IN/OUT
OBJ IN/OUT IN/OUT IN/OUT
3DS IN/OUT
FBX
Web 3Dフォーマット
ViewPoint
Shockwave 3D※2 OUT OUT
VRML 2.0 (形状) OUT OUT
We / グラフィック / イメージ
Adobe Illustrator※1 OUT OUT
EPSF IN IN IN
Flash (SWF) OUT OUT OUT
HDR (イメージ) IN/OUT IN/OUT IN/OUT
アニメーション関連
BVH (モーションデータ IN
BVA (モーションデータ
PVS (モーションデータ
ASF (モーションデータ
AMC (モーションデータ
QuickTime (ムービー) OUT OUT OUT
AVI (ムービー)Windows版のみ OUT OUT OUT

※1 Adobe Illustrator形式のポストスクリプトファイルです。
※2 Windows版のみのサポートです。Web3Dを視野に入れている人は注意

拡張性 モジュールインターフェイス

無料で配布されているスクリプト、サードパーティ製プラグインは、ミドルクラス以上の製品に比べてないに等しいです。現在のところ、大幅な機能拡張は望めないと考えてよいと思います。

3Dソフトとして欲しい機能 Basic Standard Professional
Plug-Inモジュール
スクリプト(自動化)

アニメーション関連

Shade は昔から動物・人物系アニメーション制作が苦手です。とくにIK(インバースキネマティクスに関しては、Shade 8 でようやく、IKと呼べるシステムになっています。キャラクターアニメーション制作を前提にしている方にはお勧め出来ません。

3Dソフトとして欲しい機能 Basic Standard Professional
スケルトン(Bone+スキニング)
IK(インバースキネマティクス)
パーティクル
ダイナミクス(物理計算)
ソフトボディ (布などの表現)
リジッドボディ (硬質系)

アニメーション制作で Shade Professional を選ぶのであれば、価格が大幅引き下げになった LightWave 3D をお勧めします。



あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ