.
3DCGことはじめ => はじめに (3Dについて)5.3DCG よくある誤解
トップページ

3DCG ことはじめ

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

取り扱いショップ

3DCG よくある誤解

初めて3DCGソフト ウェアに挑戦される方が、よく勘違いされている点について触れておきます。自身の指導経験に基づくもので、実際に勘違いされている方も多いのではないかと思います。

コンピュータが絵を描く訳ではない

テレビCMや映画などで目にする機会の多い3次元コンピュータグラフィックスですが、パソコン初心者に限らず、グラフィックスソフトウェアを流暢に操るグラフィックデザイナーであっても、3DCGの製作プロセスを知っている人はあまりいません。

ところが、どういう訳か私の周りには、最終計算のレンダリングのプロセスだけ、ご存知の方が多く、なんでもかんでもコンピュータが絵を描いてくれると思っている人がいます。

形状を作成するモデリング作業はある程度、経験と制作時間を要することはわかります。人がインターフェイスを通して造形を行う訳ですから。

イメージを作成する段階の作業、例えばライティング(光源設定)レンダリング(計算)作業においても同様です。確かに計算はコンピュータが行いますので実際の絵を描く作業はコンピュータが行うと考える事も出来るのですが、これは違います。

実際の仕事においても

「コンピュータが描いてくれるから、簡単な筈だ!」
「 すぐに出来るはずだ!安く作れるはずだ!」
「見てるだけやろ、何が大変なん?」
「難しく考えすぎだ。できるとおもたら出来る!」

どこで得た知識か知りませんが、こういう事を実際にいう方がいます。

ここまで極端ではないにしろ、全く3DCGが初めてな方は、適当に光源を設置して形状データを作成したら、コンピュータが美しい絵を描いてくれると思われている方も多いのではないでしょうか。自分が初めての時はどうだったかは忘れましたけど。そんな事を考えていたかもしれません。

ライトを設置したら光が照らされるだけで、ものすごく感動した事は覚えているのですが。

絵を描く道具です

例えば、クォリティーの高い作品を作るために高価な3DCGソフトウェアを導入したとしましょう。頑張って基本的な操作は習得出来たとします。リアルな人物を作成しようと考えた場合、当然のことながら人間の骨格や筋肉の付き方など抑えておく必要があります。

美大などでデッサンなどの訓練を受けた人とそうでない人の差は、ここで歴然と現れます。 高価なエレクトーンを購入したからといって演奏が上手になる訳ではないのと同じ事です。エレクトーンが楽器であることと同じように、3D グラフィックソフトは画材道具に過ぎません。

自分の設定したパラメーターで計算される結果に採点を下すのは結局自分です。この採点基準が、その人の絵心やデッサン力を写す鏡となり作品に表れます。 別にリアリティーを追及する場合に限った話ではなく、例えデフォルメされたキャラクターであったとしても、それらの差は顕著に表れます。

コンピュータが計算するけど、描く訳じゃないんです。

趣味で本格的にはじめる方にアドバイス

趣味で本格的にはじめようと考えている方は、安価な3D グラフィックソフト(エントリークラス)から始められる事を強くお勧めします。モデリング、質感設定、ライティングなど基本的な制作プロセスはどの 3D グラフィックソフト(統合型) も共通しています。(操作方法が同じという訳ではありません)

多機能、高機能ではないため、これらの基本的なプロセスを理解することも習得も早くなります。納得いくイメージを作りこんで、これ以上このツールでは 「つくれねぇ~!表現できねぇ~!!」 と、フラストレーションを感じるようになれば高機能な3D グラフィックソフト にステップアップしていく方が近道です。

ミドル クラス以上の製品に関する書籍は3D初心者を対象とした書籍は殆どない事からも、それらの理由を窺い知ることが出来ます。

初めての方が、機能重視でハイエンドツールから始めると、よっぽどの事でない限り挫折すると思います。(学校で人に習うのなら別ですが、) 最初は手ごろな道具から始めましょう。エントリー向けの製品は、高機能でなんでも出来るハイエンドツールと違い、それぞれ得意とする分野を持っています。自分の分野にマッチした製品が見つかれば、高価なツールは必ずしも必要ありません。

プレゼンテーション用途にお勧めの3D グラフィックソフト

仕事で活用しようと考えている方は、時間があまりない、急がば回れは通用しない場合もあります。この場合、GUI に優れた製品を選ぶ事をポイントにすれば良いかと思います。GUI に優れ、操作性のよいツールは習得時のストレス、特にメンタル面で助かります。

これらの条件を満たす3DCGグラフィックス ソフトウェアとして、個人的には CINEMA4D がお勧めです。Windows ライクであるためライバルの LightWave 3D より習得し易いメリットがあります。もちろん、目的別にそれぞれの機能を比較検討する必要がありますが、ハイエンド並みの品質、習得のし易さ、無駄な機能を省ける、計算速度、という点でも CINEMA 4D に勝る製品は無いのではないでしょうか。

プレゼンテーション目的の利用、3DCG初心者の方にもっともお勧めできます。

"主要3Dソフト比較" ではクラス別製品に関する情報を集めて比較検討できるようにしていますので参考にして下さい。



3DCG の活用分野 ・ 魅力

  1. 設計分野 (CAD)
  2. グラフィックス分野 (CG)
  3. 3DCG の魅力について
  4. 3D CG ソフトウェア歴史
  5. 3D CG よくある誤解

関連ドキュメント

3DCG ソフトウェアの種類

3DCG 制作に求められる環境

ハードウェア導入ガイド


3DCG ワークステーション

3DCG/CAD制作に特化したお勧めのワークステーション

ドスパラBTO パソコン

Quadro搭載パソコン


主要 統合型 3DCGソフト

書籍の出版数は人気のバロメーター。価格帯も分かります。

3ds Max

Softimage|XSI

Maya

Lightwave 3D

CINEMA 4D

separator

Shade

Shade 作品集

アニマス

CARRARA

STARATA 3D


独学・学習の手引き ? ?

書籍 DVD ソフト ハード

separator

教本選びのポイント

教本:基礎体力 向上

デッサン / 形状認識

人のからだ

クロッキー (素描)

モーション (人・動物)

separator

ポートフォリオ (作品集)

Spectrum シリーズ


CG 制作資料室 ? ?

建築 人・動物 メカ 自然

separator

人 / 動物 - 有機物系 資料

人物の描写・表現 

人物デッサン - 参考 

人物 / 肖像 (人種別) 【洋】

おすすめ写真集(人物)

separator

顔の描写と観察 【洋】

メイクアップ (化粧) 【洋】

separator

体の描写と観察 【洋】

体の構造認識・デッサン

手や足などパーツ単位

ボディビルディング 【雑誌】

separator

ファッション / 衣装 【洋】

ファッション誌 (女性) 【雑誌】

コスチューム (衣装) 【洋】

衣装関連 - 資料 (おすすめ)

separator

動物の描写・表現 【洋】

魚類 / 海洋生物 【洋】

恐竜・古代生物 

植物の描写・表現 【洋】


フィギュア・模型 SHOP

可動フィギュア・デッサン人形等、モデリング、テクスチャ、造形のヒント

あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ