.
3DCG 制作環境 => 主要3Dソフト比較 => 3DCG フリー・シェアウェアBlenderBlender の特徴モデリング関連
トップページ

環境 ~ソフトウェア

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

環境 ~ハードウェア

取り扱いショップ

モデリング関連 ~Blender の特徴

下記モデリング手法の他に、二次曲線では、NURBSカーブ、ベジエカーブもサポートしています。正確さが求められるモデリングにも対応できます。また、『 サーフェイス作成機能について 』 で説明している基本的な機能を有しています。Lattice (ラティス = 骨子による変形)も可能です。

■Blender モデリングに関する和訳ドキュメント
参照 => モデリング・マテリアル・ライト
参照 => 特別なモデリング方法

サブディビジョン系ポリゴンモデリング(SubSurf)

ポリゴンメッシュモデリング

Blender はサブディビジョン系ポリゴンモデラ-がメインとなります。

十分な頂点編集機能を持ち、工業製品などのモデリングにも対応できます。エッジに対する押し出しや頂点編集におけるコマンドへのアクセスやショートカットもよく考えられています。実際に使い込んだわけではありませんが、生産性はかなり高いと思います。また動作も軽快です。

ポリゴンリダクション(形状を維持してポリゴン数を減らす機能)も優秀で、モデラー専用として習得するにも魅力のある3DCG ツールだと思います。特にエントリークラスの3Dグラフィックソフトで、この系統のモデリングの操作性が悪いと感じている方におすすめです。

参照 => サブディビジョン系ポリゴンモデリング ~ JBDB 和訳ドキュメント

メタ系モデリング (Meta Object)

メタ系モデリング

このメタ系モデラーは、ハイエンドクラスよりエントリクラスの3Dグラフィックソフトに搭載される傾向にあるのですが、Blender はサポートします。自分の知る限りでは、どの製品よりも質が高く、また高速に動作します。

参照 => メタオブジェクト ~ JBDB 和訳ドキュメント

NURBS サーフェイス

NURBS サーフェイス(プリミティブ)は備えていますが、現在のところコントロールポイント編集程度しか行えません。現状では、MAYA のような高度な NUBAS モデリングは行えませんが、布や衣服などのモデリングにおいては、NURBSサーフェースの方がモデリングし易いケースも多々ありますので重宝するはずです。

参照 => NURBS サーフェイス ~ JBDB 和訳ドキュメント



あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ