.
3DCGことはじめ => モデラーの種類と特徴 > 3.サーフェイス作成機能について
トップページ

3DCG ことはじめ

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

取り扱いショップ

サーフェイス作成機能について ~ モデラーの種類と特性

ここでは 3D グラフィックソフト、またはサーフェイスモデラーと呼ばれるソフトウェアが標準で備えている サーフェイス(面)作成機能について説明します。 ソフトウェアによって操作手順、呼称は異なりますが概念は共通しています。

サーフェイス作成機能について

ポリゴンモデラー、スプラインモデラーにおいて共通するサーフェイス作成機能には、以下のものがあります。線または面から立体を起す点は同じです。以下に紹介するサーフェイス作成機能は、殆どの 3D モデラーが有しています。

押し出し.

押し出しイメージ

カーブツール等で描画した線、イラストレーター等で作成した線や面、プリミティブで用意されている線や面 を押し出す事でサーフェイスを作成する機能です。

旋回・回転体.

回転体イメージ

線、面に対して任意の軸に対し、回転体を作成する機能です。

スキン / ロフトサーフェイス.

スキンサーフェイス イメージ

作成、または取り込んだカーブ、面を断面として扱い、サーフェイスを生成する機能です。ソフトウェアによって呼称はまちまちです。

いずれのソフトウェアにおいて共通するポイントは、接続するカーブのコントロールポイント、頂点数は、それぞれのカーブが一致している必要があるという点です。応用範囲の広いサーフェイス生成機能と言えます。

国内で支持されている Shade のモデリングの基本は、開発当初からこの概念でサーフェイスを作成しモデリングを行います。使用する線はベジェ曲線です。

パスに沿った押し出し.

パス押し出し イメージ

作成、または取り込んだカーブ、面を断面として扱い、任意のカーブ(線)に沿って押し出す機能です。これも非常に応用範囲の広いサーフェイス作成機能です。

適用できるオブジェクトについて

これらのサーフェイス作成機能は、カーブ(線)、サーフェイス(面) オブジェクトに対して実行します。適用可能なオブジェクトの属性は、それぞれのソフトウェアによって異なりますが、考え方は共通します。

3Dソフトウェアの中には、ポリゴンスプライン、双方のモデリングが可能な製品がありますが、サーフェイスの属性(ポリゴン・スプライン) それぞれに対して専用のツールが用意されているケースもあります。

スプラインモデラ と ポリゴンモデラ の差

上記は、基本的に線、面 全体に対して適用しますが、ポリゴンモデラーであれば、サーフェイス上に存在する 頂点、ポリゴン、エッジに対して個別に押し出しに利用する事もあります。ポリゴンモデリングでは、法線方向に対して押し出す作業は頻繁に行います。

このため、ポリゴンモデラーでは、粘土をこねくり回すような間隔でモデリングできると言われることもあります。逆に、スプラインベースのモデラーは、このような頂点、面単位での作業は行う事は出来ません。

※ 法線とは、面に垂直に交わる軸線のことでサーフェイス(面)の表裏も表します。法線方向へ面を押し出す機能は面単位で編集を行うポリゴンモデラーに属する編集機能の代表です。

サーフェイス機能の活用アドバイス

始めて 3D グラフィックソフトを習得される方の場合、これらのツールで作成される形状は、単純で出来ることが限られていると思うかも知れません。このようなサーフェイス作成機能をそのまま使う形状は限られますが、一般的にベース形状として利用します。

例えば、人の腕、脚を作る場合、パスに沿った押し出しでベース形状を作り、編集する方が要領が良く、車のボンネットは、断面を繋ぐスキンでベース形状を作成したほうが楽な場合もあります。つまり、ケース バイ ケース です。

作成する形状を単純なオブジェクトに置き換えて モデリングプランを考える必要があることを知っておくと良いでしょう。デッサンの際にあたりをつける作業と同じと考えれば分かり易いかも知れません。デッサンは何事においても基本であり重要です。

複数のモデラーを備える場合 ~習得のポイントとアドバイス

Maya / SOFTIMAGE | XSI / Softimage 3D のように、一つの 3D グラフィックソフトでポリゴン、スプラインなど複数の高度なモデラーを搭載する製品の場合、上記で示した立体加工以外に、様々なサーフェイス(面)編集機能を備えています。

例えば、上記方法で作成したサーフェイスから、更にサーフェイスを作成する機能などです。これらは、形状データの属性、つまりポリゴンで構成されたサーフェイスか、スプラインで構成されたサーフェイスかで利用できる編集、加工ツールも異なります。そのため、それぞれのメニューが用意されています。

ポリゴン属性、スプライン属性、それぞれの概念を理解していると習得、理解も早くなります。Shade などの後にパッチポリゴンをサポートした製品においても同様です。



3DCGモデラーの種類と特徴

  1. モデラーのタイプ(種類)
    1. ポリゴン系3Dモデラ 特徴
    2. スプライン系 3Dモデラ特徴
    3. ポリゴン vs スプライン
  2. ソリッドとサーフェイス
  3. サーフェイス作成機能
  4. 3Dモデラ基準の製品選び
    1. 工業 と 建築デザイン

関連ドキュメント

モデリング習得 アドバイス

3DCG ソフトの種類について

separator

面の分割率と計算コスト

顔の 3Dモデリング 考察

NURBS 自動車モデリング


3DCG ワークステーション

3DCG/CAD制作に特化したお勧めのワークステーション

ドスパラBTO パソコン

Quadro搭載パソコン


主要 統合型 3DCGソフト

書籍の出版数は人気のバロメーター。価格帯も分かります。

3ds Max

Softimage|XSI

Maya

Lightwave 3D

CINEMA 4D

separator

Shade

Shade 作品集

アニマス

CARRARA

STARATA 3D


プロ用 3DCG 素材集

業界御用達、プロ用 3DCG 素材集

DOSCH シリーズ

Sachform シリーズ

3D Total 社

Greenworks 社


主要 グラフィックソフト

テクスチャ制作、モデリング生産性向上に欠かせない定番の2Dソフト

Photoshop CS

Photoshop CS EX

Photoshop Elements

Corel Painter X

separator

モデリング・デカールなどマッピングデータ制作に欠かせないドロー系ソフト

Adobe Illustrator

Canvas X

separator

Adobe主要ソフトお買い得パッケージ

CS Design Premium

CS Design Standard

CS WEB Premium

CS WEB Standard


独学・学習の手引き ? ?

書籍 DVD ソフト ハード

separator

教本選びのポイント

3D 制作工程別 


CG 制作資料室 ? ?

建築 人・動物 メカ 自然

separator

人 / 動物 - 有機物系 資料

人物の描写・表現 

人物デッサン - 参考 

人物 / 肖像 (人種別) 【洋】

おすすめ写真集(人物)

separator

顔の描写と観察 【洋】

メイクアップ (化粧) 【洋】

separator

体の描写と観察 【洋】

体の構造認識・デッサン

手や足などパーツ単位

ボディビルディング 【雑誌】

separator

ファッション / 衣装 【洋】

ファッション誌 (女性) 【雑誌】

コスチューム (衣装) 【洋】

衣装関連 - 資料 (おすすめ)

separator

動物の描写・表現 【洋】

魚類 / 海洋生物 【洋】

恐竜・古代生物 

植物の描写・表現 【洋】


フィギュア・模型 SHOP

可動フィギュア・デッサン人形等、モデリング、テクスチャ、造形のヒント

あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ