.
3DCG 制作環境 => 主要3Dソフト比較 => 3DCG エントリークラス>CARRARA (カーララ) => CARRARA シリーズ概要
トップページ

環境 ~ソフトウェア

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

環境 ~ハードウェア

取り扱いショップ

Carrara(カーララシリーズ) 概要:主な機能と情報

モデリング関連

ご注意
このページで示す機能は、Carrara(カーララ) が有する全ての機能ではありません。3Dグラフィックソフト比較検討用の材料として、統合型3DCGソフトを選ぶ上であった方が良いと思われる機能を初心者に代わってピックアップしています。

表の 『 3Dソフトとして欲しい機能 』 のリンク先は、初心者のための一般的な用語解説です。CARRARA 全ての機能を示すものではありませんので注意して下さい。CARRARA 4 の機能については以下で確認して下さい。

参照 => CARRARA 4 シリーズ毎の機能比較

Carrara 4 がサポートするモデリング手法について

Carrara 4 には、ベジエ曲線ベースのスプラインモデリングとサブディビジョン系ポリゴンモデリングの両方を内部に持っていますが、キッチリとした工業製品などのモデリングが行えるほどの機能性は持ち合わせていません。CARRARA PRO 4 のみ NURBS / ポリゴンモデラ-の Amapi Designer 7 (英語版) が標準で付属します。

3Dソフトとして欲しい機能 STANDARD PRO
パッチポリゴン系
スプライン
メタ系(メタボールetc)
ブーリアン

標準で搭載されるモデラーでは単純形状のモデリングしか行えないと考える方が無難です。地形エディタや植物生成など景観イメージ制作に適した特殊なモデラーを備えるのもCARRARAの特徴です。

レンダリング(計算)関連

美しいレイトレーシングレンダリングエンジンとラジオシティのレンダリングも行えるためフォトリアルなイメージを制作する事が可能です。CARRARA PRO と比較した場合、ラジオシティレンダリングのカスタマイズ性は劣ります。 基本的なレイトレーシングレンダリングは速い部類に入ります。

3Dソフトとして欲しい機能 STANDARD PRO
スキャンライン
レイトレーシング
ラジオシティ法
フォトンマップ(コースティクス)
TOONレンダリング
モーションブラー
被写界深度※1
マルチプロセッサ
ネットワークレンダリング

※1 ここで示す被写界深度とは計算により得られるものを指しています。

ライト関連機能(種別と影の処理など)

CARRARA は、質の高いイメージ制作に必要な基本的なライティング機能は全て備えています。

3Dソフトとして欲しい機能 STANDARD PRO
シャドーマップ
レイトレーシング ソフトシャドー
ボリュームライト
IBL ※1
テクスチャーベイク ※2
エフェクト(レンズフレアetc)

※1 イメージベースドライティング(HDRI)サポートの有無
※2 ライトの計算結果をテクスチャとして焼き付ける機能(コスト削減化)

マテリアル・テクスチャ関連

多くのマテリアルプリセット(シェーダー)を持っており、初心者でも直にイメージが制作出来るような配慮がされています。

3Dソフトとして欲しい機能 STANDARD PRO
UVマッピング
法線マップ(ノーマルマップ)
ディスプレイスメント(変異マップ)
シェーダー拡張

入出力関連

CARRARA PRO 4 には POSER 5 のアニメーション定義済みデータを直接取り込める Eovia TransPoser が付属します。

注意 Carrara が有する全ての機能ではありません。

3Dソフトとして欲しい機能 STANDARD PRO
形状データのやり取り
DXF IN/OUT IN/OUT
OBJ IN/OUT IN/OUT
3DS IN/OUT IN/OUT
FBX IN
Web 3Dフォーマット
VET (ViewPoint)※1 OUT OUT
Shockwave 3D OUT OUT
VRML 2.0 (形状) OUT OUT
We / グラフィック / イメージ
Adobe Illustrator
EPSF OUT OUT
Flash (SWF)
HDR (イメージ) IN/OUT IN/OUT
アニメーション関連
BVH (モーションデータ IN
BVA (モーションデータ
PVS (モーションデータ
ASF (モーションデータ
AMC (モーションデータ
QuickTime (ムービー) IN/OUT IN/OUT
AVI (ムービー)Windows版のみ IN/OUT IN/OUT

※1 Windows版のみのサポートです。Web3Dを視野に入れている人は注意

拡張性 モジュールインターフェイス

CARRARA自体プラグインによる機能拡張が行えますが、サードパーティ製プラグインは、ミドルクラス以上の製品に比べてないに等しいです。プラグインモジュールによる機能拡張を行うタイプの3Dグラフィックソフトではないと考えて良さそうです。

3Dソフトとして欲しい機能 STANDARD PRO
Plug-Inモジュール
スクリプト(自動化)

アニメーション関連

パーティクルやダイナミクスなど、この価格帯では信じられないほどの機能を有します。キャラクターアニメーション制作に必要な機能全てが含まれます。

3Dソフトとして欲しい機能 STANDARD PRO
スケルトン(Bone+スキニング)
IK(インバースキネマティクス)
ダイナミクス(物理計算)
ソフトボディ (布などの表現)
リジッドボディ (硬質系)

アニメーション制作で Carrara 4 PRO では質の高いベクトル式のモーションブラーや適度に加速減速されたキーフレーム編集が行えレンダリング品質も高いため、フライングロゴなど放送レベルのアニメーション制作にも対応可能です。



あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ