.
テクニック / 考察モデリング関連 NURBS >NURBS to POLY>NURBS から Polygon へ
トップページ

テクニック / 考察

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

取り扱いショップ

NURBS形状を維持してポリゴン化 (TIPS)

モデリング関連

NURBS形状からSmooth Proxy(サブパッチポリゴン)へ

MAYAで作成したNURBS形状ををローポリゴンに変換し、スムースプロキシ時の形状と元の NURBS 時の形状をなるべく一致させるためのコンバート TIPSです。

LightWaveのように間を補完するポリゴンモデラーに対しても比較的近い形状でデータを受け渡すことが出来ます。これにより、ポリゴンモデラーを利用する場合や、最終的にポリゴン形式にする必要がある場合の選択肢、モデリングテクニックの幅が広がります。

体のパーツを繋ぐ

人体モデリングを実例に適当なサンプルを作成しました。実際にこのような形状は初めからポリゴンでモデリングする方が生産性が高いので、よい事例とはいえませんが。

以下に示す図は、腕、胸、脚などパーツごとにNURBSで作成しています。NURBS(スプライン系統の)モデラーの弱点はUVの一連の流れがあるため、複数の形状を接続し、一つのオブジェクトとする事が出来ません。

NURBS形状とサブパッチ形状

ステッチを使って間を繋ぐ方法も考えられますが、このように変形の烈しい個所ではスケルトン(Bone)を仕込むと思うように変形させるのは難しく変形負荷も極めて高いため、このような使い方をされる方は、まず、いないと思います。



あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ