.
テクニック / 考察モデリング関連
トップページ

テクニック / 考察

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

取り扱いショップ

3DCG モデリング 目次 ~ TIPS チュートリアル

NURBS系とポリゴン系モデリングの2系統に分けて3Dモデリングについて説明しています。なるべく特定のアプリケーションに特化しない、応用の利く内容を心がけていますが、特定のアプリケーションに対するチュートリアル的な内容も含まれます。

SubDiv系ポリゴンモデラによる生物の造形.

アニメーション制作を前提としたサブディビジョン・ポリゴンサーフェイスによる生物系モチーフの3Dモデリング・プロセスの一例を説明します。(LightWave 9.6) 人体、キャラクター制作が主なテーマになります。

  1. SubDivポリゴンサーフェイスによる生物の造形
  2. モデリング作業に入る前に確認しておきたい事
  3. 01 - “手”のモデリング ~ ベース形状を作成する
    1. 補足 : スケルゴンに関して ~ LightWave Modeler
  4. 02 - “指” の造形、ウェイトマップ作成、確認
    1. 補足 : LightWave 3D ~ Bone 設定に関して
    2. 補足 : 手のモーション / 細分化のタイミング
  5. 03 - 掌部の造形、頂点編集 作業例
  6. 04 - "手の甲" の造形と "指" の接続
  7. 05 - 全体の造形と変形に必要な頂点を確保する
  8. 補足 : LightWave 3D ~ ウェイトマップに関して
    1. 補足 : ウェイトの正規化 (Normalize) について
  9. ウェイトマップ修正前の準備作業 ~ 確認用シーン
    1. 06 - ウェイトマップ修正前の準備作業 ~ スケルゴン
  10. LighWave ウェイトマップ修正アプローチ その一
    1. LighWave ウェイトマップ修正アプローチ その二
    2. LighWave ウェイトマップ修正アプローチ その三
  11. 07 - "造形の詰め" と "ウェイトマップ修正"
    1. 08 - ウェイトマップ修正後の頂点追加を伴う形状修正
  12. 補足 : UVマップ作成のポイントと基本的事柄
    1. 09 - UVマップ作成の具体例
  13. SubDiv系ポリゴンモデラによる生物の造形 まとめ
    1. 本稿で紹介したウェイト関連のスクリプト・プラグイン他

ポリゴンモデラーによる曲面への穴あけと面取り.

ポリゴン・モデリングにおける 曲面への穴あけ面取りのアプローチを Lightwave 3D (v9以降) を用いて説明しています。

  1. ポリゴンモデラー "曲面" への "穴あけ" と "面取り"
  2. LightWave 3D による曲面への穴あけとエッジ修正例
    1. MetaForm Plus による部分メッシュの細分化
    2. ソリッド ドリルを使用した曲面への穴あけ
    3. Extrude と Snap Drag を利用してサーフェイスを作成
    4. Multishift を利用したエッジ部分の作成
  3. ポリゴン・モデリングにおける基本的な考え方と要点

NURBS形状を維持してパッチポリゴン変換(MAYA) ~TIPS.

NURBSからパッチポリゴンへ

MAYA で作成した NURBS形状を極力維持し、スムースプロキシ形状、またはLightWave などのSubパッチポリゴンへコンバートするためのTIPSです。

  1. NURBS形状を維持してポリゴン化(TIPS)
  2. 変換(コンバート)手順 ~NURBS to Polygon

補足
この記事はMAYA 特有のTIPSです。

車を題材にしたNURBSモデリングのアプローチ ~Tutorial.

NURBS CAR

工業デザインの代表として、車を題材にNURBSモデリングのアプローチについて説明しています。使用ソフトは MAYA ですが、トリムやフィレットなどのモデリングが行えるNURBS モデラーであれば、アプローチの仕方は参考になります。(SOFTIMAGE|XSI など)

2005年 12月 16日 改訂

  1. 自動車を題材にしたNURBSモデリング ~Tutorial
  2. MAYAのモデリングに関連するショートカットについて
  3. モデリング前の下準備 ~ NURBSモデリング
  4. フロント周辺(フラッシュサーフェイス)のモデリング
    1. 見せかけの肉厚をつける
  5. ボンネットの作成 ~モデリングプランを立てる
    1. Birail Tool を利用したフェイス面作成
    2. Firet (フィレット) の活用
  6. トリムとフィレットの活用
    1. History を活用したモデリング
  7. サーフェイスの再構築を活用したモデリング
    1. Birail Tool を活用したモデリング実例
    2. 投影カーブから作るサーフェイス
    3. 投影カーブから作るサーフェイス 2
  8. 使用頻度の高いBirail Tool について(MAYA)
  9. Birail Tool を使用したNURBSモデリングの実例
    1. Birail 3+ Tool を使用したNURBSモデリング実例
  10. エッジカーブを利用したモデリングアプローチ
  11. Revolve (回転体)とFillet(フィレット)によるモデリング
    1. Loft (ロフト)と History (ヒストリ)を活用したデザイン検討モデリング
  12. ヘッドライトの作成 / 最後に

関連記事
関連 => 3DCG モデラーのタイプ(種類)と特徴について
関連 => 3DCG スプラインモデラーの特徴

顔のモデリングについて ~ポリゴンモデラー考察 ~Reading.

顔モデリングイメージ

サブディビジョン系ポリゴンモデラ-を使用したリアルな有機系モデリングについて、顔のモデリングを例に考えます。

  1. ポリゴンモデラによる顔のモデリング
  2. モデリング時の画角について
  3. 表情をつける作業を想定してモデリング

補足
動物や人間の体など、リアルな有機形状であれば考え方は共通します。また、どのサブディビジョン系ポリゴンモデラ-を搭載する3Dグラフィックソフトでも同じです。

関連 => 3DCG モデラーのタイプ(種類)と特徴について
関連 => 3DCG ポリゴンモデラーの特徴



あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ