.
テクニック / 考察モデリング関連 ポリゴン >顔のモデリング>顔のモデリングについて
トップページ

テクニック / 考察

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

取り扱いショップ

ポリゴンモデラによる顔のモデリング ~考察

モデリング関連

はじめに

顔の 3D CG モデリングに限った話ではありませんが、 3D CG モデリングには、「これが正解だ」という答えは存在しません。ポリゴンモデラーにおける 「 顔の 3D CG モデリング 」は、ある人はプリミティブの球体から、ある人は 断面のラインを描いて面を作成 するなど、様々なアプローチの仕方があります。

過去10年以上、考えられる方法は全て試してきたつもりですが、ここでは応用の利く 「顔の 3D CG モデリング」方法と考え方を示します。サブディビ系ポリゴンモデラーを搭載するソフトに共通する考え方です。ソフトは限定しません。

モデラーの特性を理解する

モデリング以前に、モデラーの特性を理解しておく必要があります。ここでは、ポリゴンモデラーを対象に説明している点に注意して下さい。詳細は以下を参照して下さい。

参照 => 3DCG ポリゴンモデラーの特徴 ~ モデラーの種類と特性
参照 => 3DCG スプライン系 3Dモデラ特徴 ~ モデラーの種類と特性

ポリゴンモデラーの場合、スプラインベースのモデラーに比べるとルールが少なく、融通が利くためアプローチの仕方は大した問題になりません。顔に限らず、複雑な動物系有機形状モデリングも同様の事が言えます。

ケースに応じた モデリング アプローチ

顔といってもデフォルメされたキャラクターもあれば、リアルな顔の 3D CG モデリングもあり、それぞれに適した 3D CG モデリング技法が要求されます。

リアルな顔においても、皺だらけの老人の顔と、若い女性や子供の顔とでは、アプローチの仕方も変わってきます。つまり、顔によってそれぞれアプローチは異なります。「頂点の多くなる複雑な形状」と、「少ない頂点で構成される形状」 に分けて説明します。

ケース1 : デフォルメされた顔の 3D CG モデリングの場合

デフォルメキャラ

デフォルメされたキャラクターにおける 顔のモデリング アプローチです。

つまり、少ない頂点数で表現可能と予測される有機形状モデリングです。紹介されることも多く、最もポピュラーなアプローチといえるかもしれません。

  1. イメージに近いプリミティブ、例えば、立方体、球体、 押し出し形状 などの形状を準備する
  2. 1 で作成した形状に、必要な頂点を追加する
  3. 追加した頂点をXYZ軸に移動し、形を整える
  4. 2 ~ 3 の作業を繰り返し、必要最小限の頂点を意識し作りこんでいく
解説

ポイントは、1のプリミティブ形状をどうするかです。例えば、球体の場合、最初の分割数はどうするかという点です。これはキャラクターのデザイン的な特徴により変わってきます。丸顔や角張った顔によって適宜判断します。場合によっては、旋回形状 を使うのも手かもしれません。

球体などのプリミティブを利用し、少ない頂点数から徐々に頂点を増やし形を作り込んでいく方法は、最終的に少ない頂点数になるデフォルメされたキャラクターに対して有効なアプローチです。

ケース2 : 正確さが要求されるリアルな顔のモデリング

平面整地法

つまり、リアルな顔のモデリング アプローチです。このようなケースは、上記アプローチでも作成可能ですが要領が悪く生産性は高くありません。私が昔から行っているアプローチを以下に示します。

  1. 正面から" 下絵 "を元に必要なポリゴン面(なるべく四角)を準備する
  2. 平面の段階で顔の流れに沿うイメージで頂点を整地する
  3. Z軸(奥行き)に頂点を移動し、立体を造形する
  4. 必要に応じて頂点を追加し、ひたすら頂点の整地作業
解説

このように最終的に頂点数が多くなることが分かっている 顔の 3D CG モデリング を行う場合は、上記図に示すように、平面状で、あらかじめ必要な頂点数を確保し、下絵に合わせてポイントをXY上の平面で整地しておきます。

次に、奥行き(Z軸)に頂点を整地させることでラフな形状を起こしていきます。一見、編集する頂点が最初から増えるため、生産性が悪いように思えますが、頂点の編集作業は Z軸にある程度集中 できるため、下絵を優先させたいような正確な 3D CG モデリングの場合は、トータルでみると極めて効率的です。

表情を付ける場合に重要になるワイヤーフレームの流れ(頂点の位置)を初期の段階で意識し易いというメリットもあります。

ワイヤーフレームの流れは重要です。

ワイヤーフレーム



モデリング / TIPS / 考察

  1. モデリング ~ 目次 (一覧)
    1. NURBS モデリング 関連
    2. ポリゴン モデリング 関連

顔のポリゴン モデリング

  1. 顔のモデリングについて
  2. 画角(パース) について
  3. 表情を想定したモデリング

関連ドキュメント

スプライン系 3Dモデラの特徴

ポリゴン系 3Dモデラの特徴

3DCG におけるカメラの概要


独学・学習の手引き ? ?

書籍 DVD ソフト ハード

separator

教本選びのポイント

教本:基礎体力 向上

デッサン / 形状認識

人のからだ

クロッキー (素描)

モーション (人・動物)

separator

ポートフォリオ (作品集)

Spectrum シリーズ


CG 制作資料室 ? ?

建築 人・動物 メカ 自然

separator

人 / 動物 - 有機物系 資料

人物の描写・表現 

人物デッサン - 参考 

人物 / 肖像 (人種別) 【洋】

おすすめ写真集(人物)

separator

顔の描写と観察 【洋】

メイクアップ (化粧) 【洋】

separator

体の描写と観察 【洋】

体の構造認識・デッサン

手や足などパーツ単位

ボディビルディング 【雑誌】

separator

ファッション / 衣装 【洋】

ファッション誌 (女性) 【雑誌】

コスチューム (衣装) 【洋】

衣装関連 - 資料 (おすすめ)

separator

動物の描写・表現 【洋】

魚類 / 海洋生物 【洋】

恐竜・古代生物 

植物の描写・表現 【洋】

separator

大手 模型販売. (立体資料)

デッサン人形 (オビツボディ)

デッサン人形 (ミクロマン)

人物 - 立体資料 (フィギュア)

フィギュア (Yahoo!モール)

フィギュア (ソリオ)

フィギュア (Happinet)

フィギュア (楽天SHOP)

フィギュア (楽天SHOP 2)

フィギュア (楽天SHOP 3)

ライティング・レンダリング考察

アニメーション関連 考察

テクスチャ / 表面材質


人物・ポートレイト 撮影

あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ