.
3DCG 制作環境 => 主要3Dソフト比較 => 3DCG エントリークラス>アニメーションマスター => アニマス の特徴
トップページ

環境 ~ソフトウェア

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

環境 ~ハードウェア

取り扱いショップ

アニメーションマスターの "特徴" と "適した分野"

モデリング関連

Animation Master (アニメーションマスター)の歴史

1985年に開発者 Martin Hash 氏の卒業研究で作成したソフトが起源となっています。当初パスカル言語で開発され、Hewlett 68000(16bit メモリ2MB)で動作する 軽いプログラムでしたが、後にAmigaへ移植、その後、プログラマーKen Baer 氏によりMACへ移植され1990年"PLAYMATION"として販売されます。

アニメーションマスターは、1990年に登場した Macintosh の "PLAYMATION" の後継となった歴史ある3DCG ソフトウェアであり、Animation Master(アニメーションマスター)に名称変更された後、SGI / Alpha / Macintosh / Windows / Amiga に移植され、当時としては唯一のクロスプラットフォームで動作する統合型3DCGソフトでした。 (現在はWindows2000 XP / Mac OS-X のみ)

当時、スキニング(オブジェクトの変形)によるキャラクター・アニメーション制作が行える数少ない製品であった事、低価格であったこともあり、海外のホビーユーザーの間では高い支持を受けていました。

アニメーションマスターの特徴

国内では、キャラクターアニメーション、セル・アニメーション制作を行う個人クリエイターに人気があります。開発元は大所帯ではないため、他の統合型3DCGソフトと比べると開発ペースはゆっくりとしています。

ユーザー層

ホビーユースや個人映像クリエイターに人気があります。昔から海外で人気の高いソフトですが、国内でもアニメーションマスターで優れた映像作品を発表している著名なクリエイターは沢山います。

モデリング機能

当初からスプラインベースのみのモデリングをサポートしています。このサイトではスプラインベースのモデラーはキャラクターモデリングには適さないと紹介していますが、アニメーションマスターのカーブはスキニング(変形)に適したカーディナル曲線であり、自由に接続ポイントを設定する事が出来ます。

反面、Shade のベジエ曲線を使用するスプラインベースのモデラーと比較して、工業製品など正確な形状を作成するのが苦手です。同じスプラインベースのモデラーでも Shade と アニメーションマスターは正反対の性格もっています。

インターフェイス

プログラム自信も軽く非常に軽快に動作します。特にワイヤーフレーム表示はスプラインベースであるためキャラクターアニメーションなど動きの確認など快適です。

強力なキャラクターアニメーション関連機能

アニメーションマスターの最大の特徴は、低価格ながら強力なスケルトン、IK(インバースキネマティクス)機能を有する点です。関節の曲がり具合に応じて形状を変化させるマッスル機能や、髪の毛生成機能、衣服の変形など布の表現に必要なソフトボディーダイナミクス、ボールがピンに衝突して自動的に倒れるといったアニメーションが作成可能なリジッドボディなどのダイナミクス(物理計算)機能まで備えています。

レンダリングに関する機能・品質

レイトレーシング、ラジオシティの両方をサポートしています。昔からレイトレーシングレンダリングの品質はあまり高くなく、反射、屈折を多用する如何にもCGといったイメージ制作は苦手です。それなりの品質に仕上げるには、テクニックも要求されます。

Toon レンダリング(セル画調)レンダリングは、このクラスでは美しい方でセル・アニメーション制作に適しています。

レンダリングもマルチスレッドに対応していないため、現在普及しているマルチコアCPUの恩恵は受けられないというのは痛いです。

動作が不安定でよく落ちる

昔からなのですが、安定しているとはお世辞にもいえません。現在もかなりの頻度で落ちるようなので、ビジネス用途での利用は厳しいかと思います。

競合する統合型3DCGソフト

キャラクターアニメーション制作、価格という点では、ShadeよりもCARRARAと競合すると思います。

アニメーションマスターお勧めの分野

アニメーションマスターにラインナップはありません。

  • Animation Master (アニメーションマスター)
    • 低価格ながら、強力なキャラクターアニメーション機能を持っており、その名が示す通り、アニメーション制作のための統合型3Dグラフィックソフトです。一般的な統合型3Dグラフィックソフトがサポートするような、Web 関連出力や3D形状出力などアニメーション制作において余計は機能は一切含まれません。
    • キャラクターアニメーション制作を前提にしたホビーユーザー、クリエイターのための製品といえます。

他の3Dグラフィックソフトとの連携について

前述したとおり、アニメーションマスターは工業製品などある程度正確さが要求されるモデリングが苦手です。逆に Shade は得意としています。またShade はキャラクターアニメーションが苦手です。Shade は Animetion Master 形式の書き出しをサポートしており、正確さが要求されるモデリングはShade を利用するアニマスユーザーは多いです。

最も低価格な Shade 8 Basic でもアニメーションマスターの書き出しをサポートしているので、モデラーにShade を利用する事で弱点を克服する事が出来ます。

アニメーションマスター購入に際して

国内ではアートウェアが唯一の代理店でしたが、 ver.11 を最後に取り扱いを中止しており、ver.12 が最後の日本語バージョンとなっています。また、ver13 以降の日本語化、直接購入に関しては下記アニマスパークさんで情報が公開されています。

Animation Master の起動はキーCDとなっており、アップグレードには CD を購入する必要があります。Amazon では まだ ver.12 の日本語版が購入できますが、本家では既に ver 15 となっているので直接購入をお勧めします。(日本語版はありません)

キャラクターアニメーション制作に優れた低価格な統合型3DCG ソフトであり、セル画調レンダリングも品質が高く現在でもクリエイターの間で根強い人気があります。Shade が アニメーションマスターとの連携を意識していた時期もあり、eフロンティアさんがという期待もあったのですが。



アニメーションマスター

  1. アニマス シリーズ概要
  2. アニマス の特徴
  3. アニマス に関する情報
  4. 書籍・学習ソフト 他

エントリークラス 3DCGソフト

Shade (唯一の国産統合型)

CARRARA (カーララ)

アニメーション・マスター

STRATA 3D CX (ストラタ)


関連ドキュメント

3DCG ソフトウェアの種類

3DCG ソフト選びのポイント

統合型3Dソフト 適した分野

separator

共通する 3DCG 制作工程

3DCGモデラーの種類と特徴

タイプ別 3D モデラの特徴

3Dモデラを基準にした選び方


3DCG ワークステーション

3DCG/CAD制作に特化したお勧めのワークステーション

ドスパラBTO パソコン

Quadro搭載パソコン


主要 統合型 3DCGソフト

書籍の出版数は人気のバロメーター。価格帯も分かります。

3ds Max

Softimage|XSI

Maya

Lightwave 3D

CINEMA 4D

separator

Shade

Shade 作品集

アニマス

CARRARA

STARATA 3D


漫画・セルアニメ制作ソフト

■漫画・同人誌・イラスト制作

ComicStudio Debut

ComicStudio PRO

ComicStudio EX

└ EX用 3D 素材集

separator

■定番セルアニメ制作 (個人向け)

RETAS!LITE Debut

RETAS!LITE 素材集


テクスチャ制作支援ハード

高度なテクスチャ制作、品質・生産性向上に関連の深いハードウェア

ペンタブレット

イメージスキャナ

デジタル一眼レフ

コンパクトデジカメ


フィギュア・模型 SHOP

可動フィギュア・デッサン人形等、モデリング、テクスチャ、造形のヒント

あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ