.
トップページ

環境 ~ハードウェア

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

環境 ~ソフトウェア

取り扱いショップ

Nehalem 世代 CPU ソケットの互換性について

Keyboard アイコン

CPUを換装することで安価にシステムのアップグレードが行える点は PC/AT互換機の魅力の一つといえますが、Intel Nehalem 世代以降 は世代毎にソケット形状が変わる傾向にあります。

大体2年のサイクルで次世代CPUへ変わりますが、AMDと違って最近の Intel はその都度、ソケット形状が変わる傾向があるため、システムの将来性は導入後、2年もあればいい方です。

来年2011年以降は SandyBridge世代へ順次置き換わる次期にあります。

次世代CPU Sandy Bridge との互換性について

Nehalem 世代のLynnfieldClarkdaleは、ソケットH (LGA1156)でBloomfieldの (LGA1366)と異なっている上、後発でありGPU 内蔵CPU もラインナップされていた事から 2011年に登場する Sandy Bridge世代の CPU との互換性が噂されていましたが、結局、互換性がないことが判明しています。(CPU換装不可)

同様に先に出荷された Core i7 9xx は ソケットB (LGA1366)ですが、こちらも Sandy Bridge の CPU と互換性がありませんが、Sandy Bridge 世代と同じ 32nm プロセスで製造される 6コアCPU が 2011年のハイエンドに位置づけられ、第三四半期まで新 CPU の投入が計画されています。

しかし、ソケットH (LGA1156) のハイミドル Core i7 8xx シリーズを含むメインストリーム向けCPUは、全て Sandy Bridge 世代に置き換えられるため、登場が遅かっただけに "短命" に終わることになります。(実質1年と過去にみない短命)

Sandy Bridge (サンディ ブリッジ) について

Sandy Bridge については、次のページから詳しく説明しますが、2011年登場する第一世代の Sandy Bridge CPU はClarkdaleと同じく GPU と CPU が一つになるという共通した特徴をもっています。

GPUの性能はClarkdaleを大幅に上回るものになりますが、ゲーム用の3D性能にフォーカスされているため、3DCG制作においては不要な機能となります。(このGPUはビデオカードと同時に使用することは出来ない)

ハイエンド以外は全て GPU付き CPU へ

TDP95WLynnfield、特に HTTに対応している Core i7 8xx は 3DCGワークステーション用途に最も適していますが、Intel は このクラスも GPU 統合 CPU に置き換えるとしています。全て Windows VISTA/7 の Aero のためです。

2012年以降に登場すると見られる GPU なしの Sandy Bridge はTDP130W 以上の6/8コアになると予測されるため、非常に由々しき問題になります。以下の表は 2011年に登場する第一世代の Sandy Bridge です。互換性はなく全てGPU機能を持ちます。

CPU コア数 HTT ソケット メモリ
Core i7 8xx
(Lynnfield)
4 LGA1156
(H)
DDR3 1333
デュアルチャンネル
Core i7 26xx
SandyBridge
4
& GPU
LGA1155
(H2)
DDR3 1333
デュアルチャンネル

以下の表は2012年以降に登場するとみられるGPUなしの 第二世代の Sandy Bridge です。GPUを省略した分、コアを増やしてハイエンドを強調したCPUとなるため消費電力も高くなります。現在のBloomfieldに該当する SB世代のCPUとなります。

CPU コア数 TDP HTT ソケット メモリ
Core i7 9xx
(Bloomfield)
4
& GPU
130W LGA1366
(B)
DDR3 1066
デュアルチャンネル
SandyBridge
第二世代
8 130W LGA1356
(B2)
DDR3 1600
トリプルチャンネル?

このようにハイエンドは高消費電力モデル、それ以外はビデオカード不要のゲーム用CPU という差別化が明確にされてしまうと、仕事において使えるマザーボードの選択肢も限定される可能性もあり、専用ビデオカードを必要とする分野は LGA1356 に移行せざるを得なくなります。

また、CPU 内部のGPU性能が高いと低価格のビデオカードが市場から消える可能性があり、消費電力の低いエントリークラスの OpenGL ビデオカードはこれらのチップを利用しているため、同じように影響を受ける可能性があります。

将来的に Sandy Bridge 以降の一般市場向けCPUを利用したワークステーションは、信頼性がない上にCPU、ビデオカードとも消費電力の高い、無駄に高価なPCしか選択肢がなくなるのではないかと 不安要素の方が多くなっています。

全てにおいてGPU統合自体悪い話ということではない事に留意してください。従来のグラフィック統合型チップセットより、3D性能(DirectX)の性能を高めてシステム全体の消費電力が抑えられるため、むしろ一般的には良い話です。

Nehalem 世代 Core i7 購入のタイミング

個人的には、市場の動向を見てLynnfieldCore i7 のような GPU を持たないバランスのとれたCPUが登場するまで静観した方がベストだと考えています。

2011年上四半期には市場から消える恐れ

Sandy Bridge 第一弾が市場に投入される直前の段階は、Nehalem 世代後発のLynnfield(Core i7/Xeon) は、安定性やコストの面で最もこなれており、将来性はないものの、新しい世代が登場する直前は、ある意味、最高のタイミングといえます。

静観するなら急いだ方が吉

Intel の発表では、2011年は かなり早い段階でハイエンドを除く現行のメインストリーム向けCPUを GPU内蔵の Sandy Bridge CPU に置き換えるとしています。つまり、本稿で推奨している CPU は早々に消える可能性が高いという事です。

クロックが若干上昇しているメリットはあるものの、マザーボードも刷新されるため安定性は未知数です。特に仕事で使う事を考えている方は避けた方が賢明です。(登場したばかりの頃は、マザーボードが安定しない事はよくある事なので)

同じマザーボードでも初期ロットは問題を抱える事が多く、BIOS で対応出来ず次期リビジョンで対応する事が多いため、将来的にCPUを換装する事に期待しても無駄になる事はよくあります。

Sandy Bridge "TDP95W以下 - 4コア-GPUなし - 高クロック版" の Core i/Xeon が登場するかどうかは分かりませんが、出るとしてたら かなり先の話になるため、ワークステーション用途を想定し、 Sandy Bridge 静観を決め込む場合は、早々に手を打った方が良いと思います。

ちなみに私は Q6600@3GHz でそこまで凌げないと考え、コスト優先で急いで Core i7 870 、Windows 7 で組みました。(安定性、ベンチマークについては追って紹介)

 



あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ