.
3DCG 制作環境 => 主要3Dソフト比較 => 3DCG ミドル クラス>ZBrush>ZBrush 概要
トップページ

環境 ~ソフトウェア

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

環境 ~ハードウェア

取り扱いショップ

ZBrush (ゼットブラシ) 概要:主な機能と情報

モデリング関連

ご注意
このページで示す機能は、ZBrush が有する全ての機能ではありません。3Dグラフィックソフト比較検討用の材料として、3Dソフトを選ぶ上であった方が良いと思われる機能を初心者に代わってピックアップしています。

ZBrush は統合型3Dグラフィックソフトではなく、モデラーとレンダラを搭載したペイントソフト感覚で扱える3Dグラフィックソフトです。ディスプレイスメントマップに特化したモデラーです。
参照 => ZBrush 2 の主な機能

ペインターでお馴染みのイラストレーター 吉井宏さんの運営するZBrushに関する情報サイトです。こちらのサイトだけで十分な情報を得る事が出来ます。
参照 => ZBrush.jp

ZBrush がサポートするモデリング手法について

ZBrush はこれまでのどの3Dグラフィックソフトにもなかったモデリング機能を有します。まるで絵をような描く感覚で直感的にモデリングを行います。三次元ではなく2.5次元と呼んでいます。

3Dソフトとして欲しい機能 ZBrush 2
パッチポリゴン系
スプライン
メタ系(メタボールetc)
ブーリアン

非常にユニークで強力なモデリングアプローチを採用していますが、サブディビジョン系のポリゴンモデラ-です。ver2 で更に強力になっています。

レンダリング(計算)関連

高品質な法線マップ、ディスプレイスメントマップの美しいレンダリングエンジンを備えており、一般の統合型3Dソフトと同様、イメージを作成する事が出来ます。

3Dソフトとして欲しい機能 ZBrush 2
スキャンライン
レイトレーシング
ラジオシティ法
フォトンマップ(コースティクス)
TOONレンダリング
モーションブラー
被写界深度※1
マルチプロセッサ
ネットワークレンダリング

尚、イメージギャララリーにある作品の中には他の統合型3Dグラフィックソフト、又は レンダラ を使用してレンダリングされたイメージもあります。

マテリアル・テクスチャ関連

ZBrush 自体、3D形状に直接ペインティングを行う機能を標準で搭載しています。また、少ないポリゴンで複雑な形状を表現するためのディスプレイスメントマップ(変異マップ)や法線マップ(ノーマルマップ)情報などの情報、UVマップがマップ情報なども出力(形状はOBJ)する事が出来ます。

3Dソフトとして欲しい機能 ZBrush 2
UVマッピング
法線マップ(ノーマルマップ)
ディスプレイスメントマップ(変異マップ)
シェーダー拡張

これにより、外部の3Dグラフィックソフトを使用した法線マップや、ディスプレイスメントを使用したレンダリングも行えます。このようにリアルタイムで処理できる変異マップモデリングを行えるモデラーは他にないため、ディスプレイスメントマップのためのモデラーとして利用されます。

ちなみに、法線マップやディスプレイスメントをサポートする3Dグラフィックソフトには、LightWave3D / Maya / XSI / 3ds Max / CINEMA4D などがありますが、パッチポリゴンのアルゴリズム、法線マップ、ディスプレイスメントマップの品質等に違いがあるため、ZBrush で作成した結果が他のソフトでも全く同じになるという訳ではありません。

参照 => 法線(ノーマル)マップ と 変異(ディスプレイスメント)マップ

入出力関連

DXF と OBJ のみに対応しており、UVマップ情報の書き出しは、仕様上、OBJ という事になります。

3Dソフトとして欲しい機能 ZBrush 2
形状データのやり取り
DXF IN/OUT
OBJ IN/OUT
3DS
FBX
Web 3Dフォーマット
VET (ViewPoint)
Shockwave 3D
VRML 2.0 (形状)
Web / グラフィック / イメージ ※1
Adobe Illustrator
EPSF
Flash (SWF)
HDR (イメージ)
OpenEXR
アニメーション関連
BVH (モーションデータ
BVA (モーションデータ
PVS (モーションデータ
ASF (モーションデータ
AMC (モーションデータ
QuickTime (ムービー)
AVI (ムービー)Windows版のみ

※1 BMP / PSD / PICT / TIFF に対応していますが、アルファチャンネル(マスク情報)はTIFFのみのサポート

拡張性 モジュールインターフェイス

スクリプトによる拡張性、プラグインモジュールインターフェイスは備えています。

3Dソフトとして欲しい機能 ZBrush 2
Plug-Inモジュール
スクリプト(処理の自動化)
エクスプレッション

アニメーション関連

ZBrush はペイント感覚で3Dイメージを作成するツールであり、3Dグラフィックユーザーから見れば 3Dモデラーの位置付けにある製品です。そのため、アニメーションに関する機能は一切ありません。

3Dソフトとして欲しい機能 ZBrush 2
スケルトン(Bone+スキニング)
IK(インバースキネマティクス)
パーティクル
ダイナミクス(物理計算)
ソフトボディ (布などの表現)
リジッドボディ (硬質系)

次期バージョンで、従来の ZSphere をスケルトンのように扱い、形状をスキニング(変形)させる機能が搭載されます。

これはアニメーションに関する機能ではありませんが、スケルトンによるスキニングは、何もアニメーションのためだけの機能ではなく、モデリングの修正にも利用する事が出来ます。

同じような観点でデモムービーを見ると、目の付け所が良いというか生産効率に対しての着眼点が素晴らしいというか、ほんと素晴らしいです。

参照 => ZBrush Movies

これらの機能は、ZBrush ユーザーに無償で適用されるとあります。



あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ