.
3DCG 制作環境 => 主要3Dソフト比較 => 3DCG ミドル クラス>LightWave 3D>LightWave 3D 概要
トップページ

環境 ~ソフトウェア

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

環境 ~ハードウェア

取り扱いショップ

LightWave 3D (ライトウェーブ) 概要:主な機能と情報

モデリング関連

ご注意
このページで示す機能は、LightWave 3D が有する全ての機能ではありません。3Dグラフィックソフト比較検討用の材料として、統合型3DCGソフトを選ぶ上であった方が良いと思われる機能を初心者に代わってピックアップしています。

表の 『 3Dソフトとして欲しい機能 』 のリンク先は、初心者のための一般的な用語解説です。LightWave 3D 全ての機能を示すものではありませんので注意して下さい。LightWave 3D 8 の機能については以下で確認して下さい。

参照 => LightWave 3D 7.5 の機能一覧
参照 => LightWave 3D 8 で追加された機能

LightWave 3D がサポートするモデリング手法について

LightWave 3D サブパッチ(旧メタナーブス)と呼ばれるサブディビジョン系ポリゴンモデリングのみサポートします。頂点編集のし易さ、操作性は先駆者だけあってハイエンドクラスの同モデラーより優れています。同じサブディビジョン系モデラーでは modo が強力な編集機能を持っています。

3Dソフトとして欲しい機能 LightWave 3D ver8
パッチポリゴン系
スプライン
メタ系(メタボールetc)
ブーリアン

レンダリング(計算)関連

昔から美しいレイトレーシング レンダリングエンジンを持ち、基本的なレイトレース レンダリングは高速な部類に入ります。ネックだったアンチエイリアス処理の遅さは ver 8 でようやく改善されました。

3Dソフトとして欲しい機能 LightWave 3D ver8
スキャンライン
レイトレーシング
ラジオシティ法
フォトンマップ(コースティクス)
TOONレンダリング ●※3
モーションブラー
被写界深度※1
マルチプロセッサ
ネットワークレンダリング※2

※1 ここで示す被写界深度とは計算により得られるものを指しています。
※2 スクリーマーネットは、フレーム単位のネットワークレンダリングサポート
※2 標準でサポートしますが、ベクトル形式機能拡張 iconSwift 3D があります。

最大の魅力は、他の統合型3Dグラフィックソフトと比較して、シーンに光源が増えてもレンダリング速度に与える付加が少ない点です。そのため、ライティングに自信のある人にとっては、絵作りが行い易いレンダラといえます。

参照 => レイトレース法で環境光を模倣する(Lightwave3D)

ライト関連機能(種別と影の処理など)

その名が示すと通り、美しいレンズフレアなどのエフェクト機能を持ちます。また、シャドーマップも高速です。

3Dソフトとして欲しい機能 LightWave 3D ver8
シャドーマップ
レイトレーシング ソフトシャドー
ボリュームライト
IBL ※1
テクスチャーベイク ※2
エフェクト(レンズフレアetc)

※1 イメージベースドライティング(HDRI)サポートの有無
※2 ライトの計算結果をテクスチャとして焼き付ける機能(コスト削減化)

マテリアル・テクスチャ関連

直感的に操作できる分かり易いインターフェイスを備えています。また、マテリアルシェーダーも豊富です。ほとんどのパラメーターをアニメーション化する事が出来ます。

3Dソフトとして欲しい機能 LightWave 3D ver8
UVマッピング
法線マップ(ノーマルマップ)
ディスプレイスメント(変異マップ)
シェーダー拡張

入出力関連

QuickTimeVR 出力や ShockWave3D、Direct-X にも対応しておりWebコンテンツにも対応可能です。(Flash ベクトル出力がオプションなのは残念) ゲーム開発に関するSDKも提供されているのもこのクラスでは LightWave3D だけです。

注意 LightWave 3D が有する全ての機能ではありません。

3Dソフトとして欲しい機能 LightWave 3D ver8
形状データのやり取り
DXF IN/OUT
OBJ IN/OUT
3DS IN/OUT
FBX IN/OUT ※3
Web 3Dフォーマット
VET (ViewPoint)
Shockwave 3D OUT
VRML 2.0 (形状) OUT
We / グラフィック / イメージ
Adobe Illustrator※1 IN/OUT(ベクトルeps)
EPSF
Flash (SWF) ※2
HDR (イメージ) IN/OUT
OpenEXR ※4
アニメーション関連
BVH (モーションデータ IN
BVA (モーションデータ
PVS (モーションデータ
ASF (モーションデータ
AMC (モーションデータ
QuickTime (ムービー) IN/OUT
AVI (ムービー)Windows版のみ IN/OUT

※1 Adobe Illustrator形式のポストスクリプトファイルです。
※2 iconSwift 3D で利用可能
※3 FBX に関しては、Alias 社からプラグインが無償提供されています。
※4 OpenEXR とは、HDRI を扱い易くした高輝度イメージフォーマット

拡張性 モジュールインターフェイス

無料で配布されているスクリプト、シェーダー、プラグインも豊富です。 また、サードパーティから数多くのプラグインモジュールが販売されており、LightWave3D の機能を大幅に拡張することが出来ます。しかも LightWave3Dに関してはプラグインの価格が機能の割に安価なのも最大の魅力といえます。

3Dソフトとして欲しい機能 LightWave 3D ver8
Plug-Inモジュール
スクリプト(処理の自動化)
エクスプレッション※1

※1 エクスプレッションとは関数式による自動アニメーション機能です。

アニメーション関連

エフェクト機能(雲や煙などのボリュームレンダリング、大気、空の表現)など標準で搭載しています。また、クロス、ダイナミクス、シーンにインクルードされた強力なパーティクルシステムなどハイエンドクラスの上位グレードにしか搭載されていないような機能を標準で備えています。

ハリウッド映画やスタートレックなどのVFX 制作の現場で実績のあるソフトです。

3Dソフトとして欲しい機能 LightWave 3D ver8
スケルトン(Bone+スキニング)
IK(インバースキネマティクス)
パーティクル
ダイナミクス(物理計算)
ソフトボディ (布などの表現)
リジッドボディ (硬質系)

従来の価格は 218,000円 で、これでもコストパフォーマンスの高い製品でしたが、128,000円(税別) まで大幅値下げとなり、コストパフォーマンス(価格性能比)では LightWave 3D 以上の製品は他にありません。



あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ