.
テクニック / 考察ライティング・計算レンダリング関連(目次)
トップページ

テクニック / 考察

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

取り扱いショップ

レンダリングン関連 ~3DCG 目次

サーフェイス分割率の重要性について.

ジオメトリ分割率イメージ

3DCG 初心者が軽視しがちなサブディビジョン(ポリゴン)、スプラインベースNURBS 等) の3Dモデラを使用する際の注意点について説明します。

Maya に限定していた感があったため、3DCG 全般に共通する問題として新しく書き下ろしました。 2007.9.18

  1. サーフェイス分割率の重要性について
  2. "見かけの分割率" と "レンダリング時の分割率"
  3. 分割率を意識したモデリング・アプローチ
    1. スムージングを活用したモデリング・アプローチ
  4. 検証:サーフェイス分割率の計画性と重要性
    1. サーフェイス分割率とレイトレーシング速度

補足
MAYAを例に解説していますが、スプライン系、パッチポリゴン系サーフェイスを扱うどの3Dグラフィックソフトにも共通する重要なポイントです。

関連 => 3DCG モデラーのタイプ(種類)と特徴について
関連 => 3DCG ポリゴンモデラーの特徴

関連 => 3DCG スプラインモデラーの特徴

Depth Map Shadowの負荷を抑えるには(MAYA) ~Reading.

Depth Map Shadow イメージ

  1. Depth Map Shadowの負荷を抑えるには
  2. 検証:複雑なジオメトリでのレンダリングコスト
  3. 検証:単純なジオメトリでのレンダリングコスト
  4. 検証結果について(まとめ)

特定の3Dソフトウェアに関する内容であるため、視点を変えて新しく書き起こす予定です。それまで一時的にリンクを解除しています。(2007.9.18)

ライティング考察 ~ 環境光とライティング アプローチ

ライティング考察イメージ

3DCG におけるライティングとレンダリング(計算)方式の関係や、環境光の表現、3DCGライティングの取り組み方、考え方を考察しています。

大幅に加筆、構成を変更しました。タイトルも変更になっています。というより、新しく書き下ろしました。2007.9.12

  1. 環境光の表現とレンダリング考察
  2. レンダリング方式により異なるアプローチ
    1. レイトレーシング におけるライティング アプローチ
    2. ラジオシティ におけるライティング アプローチ
    3. 双方向 レイ・トレースと表現力
    4. 画像を光源(ライト)として活用する
    5. IBL に必要な HDRイメージの作成
  3. レイトレーシングで環境光を模倣する具体例
    1. 環境光を模倣する具体例 ~ Lightwave 3D
    2. 環境光を模倣する具体例 ~ Maya Software
    3. 環境光を模倣する具体例 ~ MentalRay for Maya
  4. レンダラの特徴を把握する事の重要性
    1. ここで取り上げたレンダラの特徴 総括
    2. レイトレーシングにおける負荷の高い計算と対策
  5. その他 3DCGにおけるライティングのヒント
    1. ライティングにおける学習アドバイス

補足
基本的な考え方はどの3Dグラフィックソフトにも共通します。
関連 => レンダリング方式について ~ 3DCGの制作工程
関連 => ライティング(光源設定) ~ 3DCGの制作工程

3DCGライティング技術向上 お勧めの書籍

〈digital〉LIGHTING & RENDERING
〈digital〉LIGHTING & RENDERING

ハイエンド 3D グラフィックソフトの使い手で有名な Jeremy Birn 氏の書籍です。 ハリウッド映画におけるリアリティを得るためのライティングテクニックから、実写との合成におけるライティングなど具体的に紹介されています。

特定の3Dグラフィックソフトのための書籍ではなく、3DCGに共通するライティングの考え方がわかります。レイトレーシングレンダリングにおいて空気感のあるシーンを作成したい方にお勧めしたい一冊です。特に3DCG初心者の方は流行のラジオシティ系レンダリングよりも、レイトレーシングによる絵作りを勉強される事をおすすめします。


おすすめ度の平均: ゲージ
ゲージ レンダリング知識の基礎から応用まで必見の一冊です
ゲージ 3DCGアーティストを目指すなら、ぜひ一読しておきたい本

アドバイス
この書籍は2000年度出版と古いですが、3DCGにおけるライティング手法は今も昔も同じです。Jeremy Birn 氏のサイトでも貴重な情報が得られます。同氏のサイトで公開されている作品の殆どは2000年以前に制作されたものです。



あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ