.
3DCG 制作環境 => 3DCG制作に適したパソコン失敗しないパソコン選びCPUを基準に選ぶ (AMD)
トップページ

環境 ~ハードウェア

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

環境 ~ソフトウェア

取り扱いショップ

3DCG制作に適したAMD プロセッサ(CPU)の選び方

3DCG制作に適したパソコンを選ぶ上で、CPU の選択は重要です。 ここでは、AMD プロセッサ を搭載したパソコンを購入する場合のCPUを基準としたパソコン選び、という観点で抑えておきたいポイントを説明しています。

2005年に書かれた記事で内容は古くなっています。2007年末から2008年初頭にかけての CPU に関する説明は3DCGワークステーション導入アドバイスで説明しています。

AMD プロセッサ シリーズ、モデルナンバーの見方

シリーズは数字が大きいほど高いパフォーマンスである事を示しています。 例えば、同一シリーズでクロック数の違う製品は、270 シリーズは Opeteron 64 のデュアルコアプロセッサである事を示しています。現在 270 / 275 二つのクロック数のCPUが出荷されています。

  • 270 Dual Core Opteron 2.0GHz
  • 275 Dual Core Opteron 2.2GHz

下一桁の数字が大きいほうが高性能である事を示しています。

サーバー用途の 64bit CPU Opteron (オプテロン).

AMD のサーバー用途向けプロセッサです。シリーズの 800 は 8 way 、最大8つのマルチプロセッサに対応している事を意味しています。自動車なら4台ほど購入出来るお値段です。

シリーズ ソケット メモリ マルチプロセッサ

880

iconSocket 940 ECC Registered
DDR (Dual) 128bitBus
8 way

860

iconSocket 940 ECC Registered
DDR (Dual) 128bitBus
8 way

3DCG制作においては、個人が3DCG ソフトを操作するような製品ではなく、レンダリングサーバーとしての用途になります。映画などVFX映像を専門に手掛けるようなプロダクション向けになります。

本格的な3DCG 制作が可能なAMDプロセッサ.

マルチプロセッサに対応したアプリケーションで最も高いパフォーマンスが得られる CPU です。主に、マルチプロセッサを使用する分野としては、3DCGレンダリングや物理計算などの科学計算、映像編集、エンコーディングが挙げられます。

Opteron 270 シリーズ(オプテロン) 64bit CPU デュアルコア.

iconOpteron

Opteron 270 シリーズ を搭載できるパソコン

DATA
■ 競合するCPU  Intel Xeon MP / Intel Xeon

270シリーズは、Opteron のデュアルコア版であり、1つのCPUに2つのCPUを持っています。2way まで対応しているため、2 way で 4-CPU分の分散レンダリング環境を構築できる事になります。3DCG制作においては、本格的な映像制作などに適します。

安定性が重視されるため、高価なECCレジスタードメモリが必要になります。また、マルチプロセッサ用のマザーボードも高価です。

関連 => AMD と Intel のマルチコアCPUの違い
関連 => デュアルコアCPU 考察・比較
関連 => デュアルコア CPU で得られる恩恵

アドバイス
デュアルコアCPU を2機搭載した同じ構成の Power Mac G5 と比較した場合、 Power Mac G5 の方が価格が安いです。また、Opteron のシングルコアでデュアルプロセッサを構築するのであれば、後述する Athlon X2 の方が安価に高い性能のデュアルプロセッサ環境を構築する事が出来ます。

シリーズ ソケット メモリ マルチプロセッサ

280

iconSocket 940 ECC Registered
DDR (Dual) 128bitBus
2 way
270 iconSocket 940 ECC Registered
DDR (Dual) 128bitBus
デュアルコア
2 way

100

iconSocket 940 ECC Registered
DDR (Dual) 128bitBus
1 way
iconSocket 939 Unbuffered
DDR (Dual) v

Athlon 64 FX 60 (64bit デュアルコア プロセッサ).

AMD 新CPU 、64bit シングルコア プロセッサの高クロック版 Athlon 64 FX のデュアルコア版が登場しています。(2006/1/11 追記)

参照 => デュアルコア版Athlon 64 FX登場、2.6GHzでL2 2MBのFX-60

下記、Athlon 64 X2 と比べ、L2キャッシュは2MBに拡張されており相対的なパフォーマンスは、Athlon 64 と Athlon 64 FX と同じ関係です。

シリーズ ソケット メモリ マルチプロセッサ

64-FX 60

iconSocket 939 Unbuffered
DDR (Dual)
デュアルコア
1 way

Athlon 64 X2 (64bit デュアルコア プロセッサ).

iconAthlon X2

Athlon 64 X2 を搭載できるパソコン
Athlon 64 X2 を搭載できるパソコン 2

DATA
■ 競合するCPU  Intel Pentium D / Pentium XE

Athlon 64 X2 は、マルチプロセッサ非対応の Atlon 64 シリーズのデュアルコア CPU となります。マザーボードの交換が必要な Intel のデュアルコアCPUと異なり、従来の Athlon 64 CPU-939pin マザーボードがそのまま利用できるため、Athlon 64 を利用していたユーザーはBIOS のアップデートだけで Athlon 64 X2 へ移行できるメリットがあります。また、Intel のデュアルコアと異なり、従来のシングルコアのクロック数を落とさないでマルチコア化に成功しているため、非常に高いレンダリングパフォーマンスを持っています。

3DCG制作においては、個人映像クリエイターや業務用途、映像制作に最も適したCPUと言えます。

関連 => AMD と Intel のマルチコアCPUの違い
関連 => デュアルコアCPU 考察・比較
関連 => デュアルコア CPU で得られる恩恵

アドバイス
最初は価格の安いシングルコアの 939pin の Athlon 64 を搭載する安いパソコンにしておき、後に高クロック版の Athlon 64-X2 が出荷されたらアップグレードするという考え方もあります。

シリーズ ソケット メモリ マルチプロセッサ

64-X2

iconSocket 939 Unbuffered
DDR (Dual)
デュアルコア
1 way

グラフィック系や3DCG入門者向け.

AMD の主力メインストリーム向けのハイパフォーマンスCPUです。Photoshop などのグラフィック系ソフトウェアや、ゲーム用途などマルチプロセッサを使用しない一般的なアプリケーションが中心となる場合や、高クロックCPUであれば3DCG制作用途にも十分対応できるCPUです。

Athlon 64 FX (64bit シングルコア プロセッサ).

Athlon64-FX

Athlon 64 FX プロセッサを搭載できるパソコン
Athlon 64 FX を搭載できるパソコン
Athlon 64 FX を搭載できるパソコン 2

DATA
■ 競合するCPU  Intel Pentium 4 Extreme Edition

Athlon 64 FX は、下記 Athlon 64 の高クロック、上位バージョンになります。AMDのシングルプロセッサで最高のパフォーマンスを持つCPUです。

マルチプロセッサの恩恵が得られないペイントドロー系、グラフィックソフト系のアプリケーション、ゲーム用途においては最高のパフォーマンスが得られます。

逆に 3DCG レンダリングなど並列処理が可能なプログラムにおいては、デュアルコアCPU の方が高いパフォーマンスを得ることが出来ます。価格もAthlon 64 X2 と大差ありません。

シリーズ ソケット メモリ マルチプロセッサ

64-FX

iconSocket 940 Registered
DDR (Dual)
1 way
iconSocket 939 Unbuffered
DDR (Dual)

Athlon 64 (64bit シングルコア プロセッサ).

Athlon64

コストパフォーマンス優先
Athlon 64 を搭載できる低価格パソコン

拡張性に優れたタイプ
Athlon 64 を搭載できるパソコン
Athlon 64 を搭載できるパソコン 2

DATA
■ 競合するCPU  Intel Pentium 4 (HT)

3DCG制作においては、ソケット939pin タイプの Athlon 64 4000+ 以上のCPUであれば、シングルプロセッサであっても十分なレンダリング速度が得られます。64bit 版 3Dグラフィックソフトを使用することで、趣味であれば入門用途から本格的なイメージ制作にも耐えられます。

アドバイス
PhotoShop などで高解像度画像を扱うような業務においては、記デュアルコアプロセッサよりもシングルコアの高クロック版のほうが適しています。ソケット939pin タイプの Athlon 64 であればメモりのデュアルチャンネルをサポートしたCPUが最良の選択です。必要があれば、デュアルコアの Athlon 64 X2 へアップグレードが出来るからです。

シリーズ ソケット メモリ マルチプロセッサ

64

iconSocket 939 Unbuffered
DDR (Dual
1 way
iconSocket 754 Unbuffered
DDR (Single)

購入のポイント・アドバイス
ソケット939 の低価格なシングルコア Athlon 64 CPU で 価格を抑えておき、速度に不満を感じたたり、高クロック版 Athlon64 X2 が発売されたら交換するという考え方もあります。この場合、CPUを交換するだけで大幅にパソコンの性能をアップグレードする事が出来ます。

3DCG 入門者、低価格に抑えたい方向けのCPU.

本格的な 3DCG 制作には適さない CPU ですが、この CPU が搭載されたパソコンは価格が安いため入門用のパソコンとしてはおすすめです。インターネットやビジネスアプリケーションにおいては十分なパフォーマンスです。

Sempron (32bit シングルコア プロセッサ).

Sempron

Sempron を搭載できる低価格パソコン

DATA
■競合するCPU Intel Celeron D

以前のメインストリーム向けCPU Athlon XP (32bit CPU)が Sempron (センプロン)と名称変更されバリューCPU となっています。現在、64bit CPUへ段階的に移行しています。

本格的な3Dグラフィック用途には適しませんが、高クロック、64bit CPU であれば、3DCG 入門用途には最適です。SSE3 には現在のところ対応していませんので、同クラスでは Celeron D の方が有利かも知れません。

アドバイス
Sempron 3300+ からこれまでの 32bit CPU から 64bti CPU へ移行しています。Sempron を搭載したバリューPC の購入を考えている方は 64bit CPU であるか注意して選んで下さい。

CPU ブランド名 シリーズ ソケット メモリ マルチプロセッサ
AMD Sempron 64bit CPU iconSocket 754 Unbuffered
DDR (Single)
1 way
32bit CPU iconSocket 754 Unbuffered
DDR (Single)

前のAthlon
XPがシフト

SoketA Unbuffered
DDR (Single)

3DCG 制作に関するポイントは、SSE までしかサポートしないため、Athlon 64 に比べ劣ります。また、メモリのデュアルチャンネルをサポートしないため、相対的なパフォーマンスもかなり劣ります。

先進の(HyperTransport) PCI-Express はサポートされないため、将来性はないです。高クロック版であれば、入門向け3DCG 制作用途にも対応できますが、パフォーマンスに不満を感じたらパソコンを買い換えるという事になります。

64bit CPU へ移行も始まっているため、Sempron プロセッサを搭載したバリューPCの購入を考えている方は、今しばらく様子を覗った方が良さそうです。(2005/11/25)

SSE3 は非対応、SSE2 に関しては90nmプロセス以降754pin パッケージ版のみ対応

補足 SSE について.

SSE とは、マルチメディア関連(浮動小数点)の処理(エンコードや3Dなど)などよく利用される命令をセットとし、インテルプロセッサ(CPU)が特定の特定のコードで掛れた命令を効率的に処理できるようにする仕組みです。これらのSSEにそって開発されたソフトウェアは高速に動作します。

このSSEは、現在 SSE3 となっており命令の追加、拡張がされています。特に、3DCGに関しては浮動小数点(FPU)に関する命令セットの強化など、3Dグラフィックソフトに関連した命令も多く存在します。CPU、3Dグラフィックソフトが共に対応していれば、高い処理能力を期待する事が出来ます。

尚、現在発売されている AMD 64bit CPU は、初期製造プロセス、 Opteron ではSanDiegoコア、Athlon 64 では Veniceコア 以降に製造されたCPU は全てSSE3 に対応しています。バリューPC 向け SoketAの Sempron CPU はSSEしか対応していませんが、ソケット754pinは対応しています。 (90nmプロセス以降754pin パッケージ版のみSSE2 対応)

AMD はインテルプロセッサ互換CPUの立場上、SSE 搭載が遅れます。ちなみにAMD プロセッサにも SSE と同様に 3DNow! という仕組みを持ちますが、SSE と違い、3DNow! に対応した 3Dグラフィックソフトやアプリケーションは非常に少ないです。LightWave 3D は古くからこの3DNow!に対応しています。



あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ