.
3DCG 制作環境 => 3DCG制作に適したパソコン失敗しないパソコン選びビデオカードの選び方
トップページ

環境 ~ハードウェア

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

環境 ~ソフトウェア

取り扱いショップ

ビデオカードの選び方 ~ ゲーム用途 と 3DCG制作用途

このサイトで紹介している、主要3Dグラフィックソフトを動作させるために必要となるビデオカードと3Dアクセラレーターチップの関係について説明します。

3D グラフィックソフトによっては、3Dチップのバージョンを明確に指定されているものあります。該当する3Dグラフィックソフトは 下記表の3Dソフトのリンク先で案内しています。

より具体的なビデオカードの選び方については以下で説明しています。

参照 => 3DCG / CAD 制作に適したビデオカードの選び方

3Dグラフィックソフト御用達の三大3Dチップベンダー

3Dグラフィックソフトで利用されるされる3Dアクセラレータ チップをまとめました。3Dグラフィックソフトを使用するには、これらのチップを搭載したビデオカードが必須となります。3Dグラフィックソフトの分野で最も広く普及しているチップベンダーは、以下の3社になります。これらのビデオカードが必要となります。

チップベンダー チップ名 用途 / 解説
nVIDIA
nVIDIA

iconGeForce

ゲーム・エントリークラス3Dソフト向け.

nVIDIA 社が開発しているゲーム向けのジオメトリエンジン(3Dアクセラレーターチップ)です。 OpenGL / Direct3D 共にアクセラレートをサポートします。主に連続描画性能を重視したドライバが提供されています。自社でのビデオカードの開発は行わずメーカーにチップを供給しています。

iconQuadro

ミドルクラスハイエンド3Dソフト向け.

チップ自体は、上記 GeForce と同じで OpenGL / Direct3D 共にアクセラレートをサポートしますが、制御するドライバはOpenGL に最適化されており (主にインターフェイスとしての役割)ミドルクラス以上の3Dグラフィックソフトに対してチューニングが行われています。(同じチップのGeForce と比較した場合、価格は高価です)Quadro チップを搭載したビデオカードメーカーは、フランスのELSA(エルザ)社が有名です。

ATI
ATI ロゴ

iconRADEON

ゲーム・エントリークラス3Dソフト向け.

nVIDIA 社の GeForce に相当する ゲーム向けのジオメトリエンジン(3Dアクセラレーターチップ)です。nVIDIA 社と異なり、自社でもビデオカードを開発、販売しています。

RADEON スペック比較

iconFireGL

ミドルクラスハイエンド3Dソフト向け

nVIDIA 社の Quadro に相当します。上記 RADEON チップと同じチップで、3Dグラフィックソフトに適したOpenGL ドライバが供給されています。

FireGL スペック比較

3DLabs

Wildcat
シリーズ

3DLabs 社は、ハイエンド3Dグラフィックソフト用のビデオカードを専門に販売している老舗メーカーです。Creative Technology 社に買収、子会社化されています。

昔から、SOFTIMAGEとの相性が良く、現在もSOFTIMAGE|XSI の推奨メーカーとして、現在も指定されています。価格も半端じゃなく高価です。ドライバサポートがいい加減で、私は過去に OXYGEN-GMX / OXYGEN-VX1で痛い目にあいました。それ以来、敬遠しています。

数年前は、ハイエンド3Dグラフィックソフト向けのチップを搭載したビデオカードは、OpenGL しかアクセラレートしか対応せず、ゲームで利用される Direct3D には対応していませんでした。(つまり3Dゲームが出来ない)

現在発売されている、Quadro や FireGL チップを搭載したビデオカードは、Direct3D もアクセラレートできるように設計されています。

ビデオカードに搭載されているメモリについて

ビデオカードの製品名に必ず明記されているメモリについてです。このメモリには速度によって幾つかの種類があり、一般のパソコン(マザーボード)のメモリより高速にアクセス出来るメモリです。このメモリ容量が大きいほど、高い解像度のテクスチャーを表示する事が出来ます。

つまりテクスチャーシェーディングが美しくなります。3DCG制作において、制作内容、用途によっては高い解像度が得られた方が良い場合もあります。この解像度の高いテクスチャーをリアルタイムに処理するには、バスの転送レートが重要になります。

インダストリアルデザインや建築分野のプレゼンテーション用途で3Dグラフィックソフトを使う場合は、テクスチャー表示はそれほど重要ではありません。64MB 、又は128MBメモリのビデオカードで十分です。 (現在は 128MB / 256MB が主流です)



あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ