.
3DCG 制作環境 => 3DCG制作に適したパソコン失敗しないパソコン選びデュアルコア CPU
トップページ

環境 ~ハードウェア

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

環境 ~ソフトウェア

取り扱いショップ

デュアルコアCPU で得られるメリットとデメリットについて

マルチプロセッサ環境を使用した経験のない方のために、デュアルコアCPUを搭載したパソコンを購入する際の注意点について説明します。

2005年に書かれた記事で内容は古くなっています。2007年末から2008年初頭にかけての CPU に関する説明は3DCGワークステーション導入アドバイスで説明しています。

デュアルコアCPU とは

デュアルコアCPU とは、二つの CPU (中央処理装置) を一つの CPU にまとめたCPUです。2005年5月に発売されて間がない新しいCPUです。

Pentium DAthlon 64 X2

デュアルコアプロセッサの特徴

  • デュアルプロセッサ(CPU×2)よりも安く高性能
    • これまでのデュアルプロセッサ環境は二つのCPU を必要とし、ECCエラーチェックが行える高価なレジスタードメモリを必要としましたが、デュアルコアプロセッサでは安価な従来の資源(メモリなど)を利用する事ができます。また、1つのCPU にまとめる事で同一周波数のデュアルプロセッサ(シングルコアCPU×2)とデュアルコアプロセッサ(CPU×1) と比較した場合、ロスが少ないと言われています。
  • 消費電力が少ない
    • デュアルプロセッサ(シングルコアCPU×2) と比較した場合、トータルの消費電力が少ないメリットがあります。しかし、従来のシングルコアに比べ消費電力、発熱量も大きくなります。

デュアルコアプロセッサで得られる恩恵とは

見た目は1つの CPU ですが、従来のデュアルCPU 環境と得られるメリットは同じです。マルチプロセッサ(並列処理)に対応したプログラムでなければ、処理速度の向上はありませんが、マルチプロセッサ非対応のソフトを使用する上では以下のメリットがあるとされています。

一般の用途で得られるメリット??.

複数のアプリケーションを実行する場合、例えばウイルススキャンをかけながらインターネットを行う場合、ウイルスチェックソフトがCPU に与える負荷は1CPUのみで、もう一つのCPU を使って他の作業がスムーズ行えます。つまり、パソコン2台を1台のパソコンで使用する感覚です。

これは、起動するプログラムが全てマルチプロセッサで動作するプログラムではないため得られるメリットです。もし、同時に実行するプログラムのどれか一つでもマルチプロセッサに対応したソフトであれば、二つのCPUに高負荷がかかり従来の1CPU と同様、並行作業が困難になります。(この場合、マルチプロセッサに対応したソフト側で複数のCPUを使用しないように指定)

一般ユーザーの デュアルコアCPU 使用は疑問

しかし、一般的な用途においてはCPUメーカーのデュアルコア、又はマルチプロセッサを推奨するふれこみには疑問点が多いです。

  • ウイルス駆除ツールなど通常バックグラウンドで処理する事を前提にしているプログラムは、CPUにかける負荷を抑える配慮がされている。
  • 現在のシングルコアCPUの性能では、ビジネスアプリや家庭用ソフトウェアでは既に十分なパフォーマンスが得られている。
  • Web コンテンツ制作やグラフィックデザイン分野においても複数のプログラムを同時に起動する事はあっても同時作業する訳ではない。

これらの理由から、ユーザーがインターネットしながら、他の処理ができるというメーカーの触れ込みは矛盾しています。

マルチプロセッサに対応したエンコーダーの場合、時間の掛るエンコーディング処理を行いながら快適にインターネットを行う事は出来ますが、デュアルコアCPUをフルに使った場合はそれが出来ません。

エンコーダー側で1CPUだけを使用するように指定しなければなりません。一般ユーザーがデュアルコアで得られる恩恵は非常に限られており、デュアルコアCPUにして良かったと思える事は殆どない筈です。

関連 => 並列処理に関する誤った解釈



あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ