.
テクニック / 考察モデリング関連 ポリゴン 生物の造形全体のモデリング
トップページ

テクニック / 考察

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

取り扱いショップ

05 - "手" 全体の造形 / Bone 変形に必要な頂点を確保

モデリング関連

05 - "手" 全体を造形する ~ その一

指を繋げた事で全体の形状がイメージし易くなりますので、ここからはある程度、プロポーションを意識して造形していく事になります。

05–1 : 手の平、親指の作り込み

エッジベベル等を使って造形に必要なメッシュを追加し、形状を整えます。

05–1 : 手の平、親指の作り込み

山・谷・山の起伏を考えて、どこにエッジを追加すればよいか、どこに頂点を移動させればよいか考えるようにすると分かり易いのではないかと思います。

05–1 : 親指付け根部分の造形

追加したポリゴンメッシュの流れを修正します。まだ手付かずの親指の付け根を修正しています。この段階でVertex Paintの Falloff Distance 16 でウェイト値を適用し直し、メッシュの流れに問題がないか確認します。

05–1 : スケルゴン回転でメッシュの流れを確認

スケルゴン回転の結果に問題があれば、メッシュの流れを修正します。新たに頂点を追加した場合、やり方によってはウェイト値が含まれませんので、その時は再度 Vertex Paint の Falloff Distance でウェイト値を得ます。

05–1 : 親指の付け根

親指の付け根のメッシュが不足しているためメッシュを追加します。

込み入った形状なので Add Edges ツールを使ったり、ポリゴンを削除して直接ポリゴンを描いています。

新たに頂点やエッジを追加する場合、使用するコマンド、ツールによってはウェイトの中間値を正しく割り当てるものとそうでないものがあります。

造形の段階では、頻繁に Vertex Paint の Falloff Distance でウェイト値を得て、これで得られるウエイトマップで良いスキニング結果が得られるようにします。

05–2 : 手の平、親指の作り込み ~ その二

05–2 : 親指の付け根~ その二

他の指と同様に親指も別のファイルで作成して移植します。

ある程度の造形を考えていますので親指も六角形で作成していますが、エッジは真上に来るようにしています。

Vertex Paint でウェイト一括作成、スケルゴン回転による確認を繰り返し、問題があればメッシュの流れも調整、必要があればメッシュを追加します。ここでは親指の付け根のメッシュを修正しています。

親指が他のと異なり六角形の頂点が上下にくる事は、手のベースを作成した段階で予測しています。

05–2 : 指の付け根 エッジ追加

親指を除く4本指の付け根にエッジを追加しています。

この箇所はテクスチャやv9の新機能 StressMap等で表現出来ると思いますが、ウェイト値で制御したいため追加する事にしました。

追加するのは指側です。

手の内側はの作り込みは目的によっては無駄な作業になる場合もあります。

05–2 : 手相エッジ追加

指を握った時に正しく変形するようにメッシュを追加します。指の付け根は最も難易度の高い箇所になります。現段階では Vertex Paint で falloff で一括してウェイト値を適用していますが、最終的にはウエイト値を手動で修正します。

この段階では細かな造形には拘らないようにし、求める変形クオリティに最低限必要なメッシュ(頂点数)を確保する事だけに専念します。形状を整えるための頂点編集、整地作業はウェイト設定時に行うようにする方が効率的です。(後述)

ここまでの一連の作業で1~2日程度、慣れた方なら半日仕事、モデリング・プロセス全体の完成度はテクスチャを含めると 3合目付近と言ったところでしょうか。大変な作業はここから始まります。

次のステップは "モデリングの詰めとウェイトマップ修正の並行作業" になりますが、次のページからはウェイトマップ修正を行なう前の準備、および必要な知識について説明します。



モデリング / TIPS / 考察

  1. モデリング ~ 目次 (一覧)
    1. NURBS モデリング 関連
    2. ポリゴン モデリング 関連

手のモデリング (SubDiv)

  1. このドキュメントの概要
  2. 制作をはじめる前に
  3. 造形 ~ ベース形状の作成
    1. スケルゴンに関する注意点
  4. 造形 ~ "指" を作る
    1. LightWave の Bone 設定
    2. モーションと細分化タイミング
  5. 造形 ~ 掌部のモデリング
  6. 造形 ~ 甲部 / 指の接続
  7. 造形 ~ 全体のモデリング
  8. ウェイトマップについて
    1. ウェイトの正規化(Normalize)
  9. 前準備 ~ シーン作成
    1. 前準備 ~ スケルゴン修正
  10. ウェイト修正アプローチ 1
    1. ウェイト修正アプローチ 2
    2. ウェイト修正アプローチ 3
  11. 造形 ~ 形状の作り込み
    1. ウェイト修正後の頂点追加
  12. UVマップに関して
    1. UVマップを作成する
  13. まとめ ~ 要点の整理
    1. 本稿で使用したツール他

関連ドキュメント

ポリゴン系 3Dモデラの特徴

スプライン系 3Dモデラの特徴

ポリゴン系 3Dモデラの特徴

工業 と 建築デザイン

Lightwave 3D 概要

Alias Maya 7 概要


主要 統合型 3DCGソフト

書籍の出版数は人気のバロメーター。価格帯も分かります。

3ds Max

Softimage|XSI

Maya

Lightwave 3D

CINEMA 4D

separator

Shade

Shade 作品集

アニマス

CARRARA

STARATA 3D


3DCG ワークステーション

3DCG/CAD制作に特化したお勧めのワークステーション

ドスパラBTO パソコン

Quadro搭載パソコン


独学・学習の手引き ? ?

書籍 DVD ソフト ハード


CG 制作資料室 ? ?

建築 人・動物 メカ 自然

ライティング・レンダリング考察

アニメーション関連 考察

テクスチャ / 表面材質


あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ