.
テクニック / 考察モデリング関連 NURBS >車のモデリング>ホイールの作成例
トップページ

テクニック / 考察

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

取り扱いショップ

ホイールの作成 (RevolveとFillet)~ NURBSモデリング

モデリング関連

STEP-18 Revolve (回転体)とFillet(フィレット)によるモデリング

ここでは、単純な回転体とフィレットを活用した複雑な形状のモデリング手法について解説します。サブディビジョン系ポリゴンモデラ-では大変な作業も、このような編集機能を備えるNURBSモデラーであれば、意図も簡単に作成する事が出来ます。またデザインの変更も容易です。ホイールデザインを例に解説します。

step18 img

Web上で適当に見繕った資料ではホイールの形状までは分からなかったので適当にデザインしています。

NURBS モデラーの優位性を知るには丁度良いモチーフだと思います。

といっても、これまで解説してきた方法で全て行えます。

左は回転体です。

step18 img

閉じたカーブを描き、連続複製しています。このカーブを

Edit NURBS>Project Curve On Surface

で投影しています。

step18 img

投影された6つの閉じたカーブのうち、どれか一つを押し出します。

押し出したサーフェイスとホイール(回転体)を選択し

Edit NURBS>Surface Filet>Circular Filet

で穴空けと同時に面取りを行います。

手順は、STEP-11 で解説した内容と全く同じなのでそちらを参照

step18 img

上記ステップで得られたフィレットと押し出し部を、投影カーブと同様に5つ連続複製します。

残りの5つの投影されたカーブもトリムツールで穴をあければ完成です。

History を上手く活用する事で形状を確認しながらモデリングを行う事が出来ます。デザイン検討用に優れるのはこれらの理由からです。

サブディビジョン系ポリゴンモデラ-では出来ない芸当です。

step18 imgstep18 img

ドアノブも同じ要領で作れます。



モデリング / TIPS / 考察

  1. モデリング ~ 目次 (一覧)
    1. NURBS モデリング 関連
    2. ポリゴン モデリング 関連

車のモデリング(NURBS)

  1. このドキュメントの概要
  2. ショートカットについて
  3. モデリング前の下準備
  4. フロント周辺のモデリング
    1. 肉厚をつけるには
  5. ボンネットを作る(プラン)
    1. カーブの投影を活用する
    2. フィレットの活用
  6. トリムとフィレットの活用
    1. ヒストリ(履歴)を活用する
  7. 車体(ボディ)の作成プラン
    1. Birailを使った断面
    2. 投影カーブから面を作る
    3. 投影カーブから面を作る 2
  8. Birail Tool (補足解説)
  9. ルーフ(屋根)部の作成
    1. 複数のカーブから面を作る
  10. エッジカーブから面を作る
  11. ホイールの作成例
  12. ロフト サーフェイス
    1. デザイン検討モデリング
  13. ヘッドライト(最後に)

関連ドキュメント

Alias Maya 7 概要

スプライン系 3Dモデラの特徴

ポリゴン系 3Dモデラの特徴


独学・学習の手引き ? ?

書籍 DVD ソフト ハード

separator

教本選びのポイント

MAYA 参考書 

MAYA おすすめ参考書 

モデリング関連 参考書 

separator

プロダクト(インダストリアル)

マーカースケッチ / 他


CG 制作資料室 ? ?

建築 人・動物 メカ 自然

separator

工業 / 商業製品 ・ メカニカル

資料 ~ 乗り物 

Five-View シリーズ 【洋】

Car Design Yearbook 【洋】

Haynes G.C. シリーズ 【洋】

陸上兵器 おすすめ資料

separator

乗り物 立体資料 (民間)

自動車全般 (タミヤ模型)

タミヤ模型のオートバイ

オートバイ模型 (楽天)

ミリタリー系 立体資料

ライティング・レンダリング考察

アニメーション関連 考察

テクスチャ / 表面材質

あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ