.
テクニック / 考察モデリング関連 NURBS >車のモデリング>ヒストリ(履歴)を活用する
トップページ

テクニック / 考察

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

取り扱いショップ

History を活用したモデリング ~ NURBSモデリング

モデリング関連

STEP-12 フロントフェンダー部 ~History を活用したモデリング

MAYA には、モデリングの履歴を残す History 機能があります。SOFITMAGE|XSI や3ds Max でも同様の機能があります。ハイエンドクラスの3Dグラフィックソフトに搭載されている History 機能は単純に作業履歴ではなく、編集コマンドの関連を維持します。

例えは、円をカーブで押し出してチューブを作成する場合、(パスによる押し出し)カーブを変更すると、押し出されたチューブも変形します。これは、円とカーブが押し出しと関連付けられているからです。

step12 imgstep12 img

フェンダー部分の観察力が足りず、(というか、資料がない)作り直しました。この場合、フェーンダーのベース形状にisopramを追加し、形状を変更しているので、トリムや厚みは作り直しになります。

作成順序に計画性が必要である事が良くわかると思います。これが言いたかった訳です。(言い訳)

step12 img

フェンダーと一体となっているのか写真からは良くわかりませんが、スポイラー部分を想像で(笑)作成します。

側面から、フロントスポイラ-の断面となる閉じたカーブを描きます。

このとき、シェーディング表示をX-Rayモードにすると便利です。描画した断面をX軸に押し出し、編集することで作成します。

History が有効になっている事を確認します。

step12 img

先ほどの閉じたカーブを

Edit NURBS>Project Curve On Surface

でYZ面に対して投影します。ここでは History が有効になっているため、元となった側面の閉じたカーブを変更すれば、投影されたカーブも変更される状態です。

step12 imgstep12 img

先ほどの投影されたカーブ(カーブ オン サーフェイス)選択し、

Edit Curves>Dupulicate Surcace Curves

で、投影されたカーブを抽出します。

ここでもヒストリが有効であるため、投影されたカーブを変更されれば、つまり、最初に側面で描いた閉じたカーブを変更すれば、抽出したカーブもつられて変更される事になります。

ここで抽出したカーブを上面図で描いたカーブに沿って押し出します。 ここでも、ヒストリが有効になっているため、押し出しに使用したパス(白いライン)を変更すれば押し出されたチューブも変形する事になります。

この一連の作業

側面で描いた閉じたカーブ → 投影されたカーブ → 抽出カーブ → パス による押し出し

は全て関連付けられている事になります。

step12 img

最初に描画した断面を変更すると、押し出されたサーフェイスの断面も吊られて変更されます。

また、パスによる押し出しに使ったカーブを変更することで全体の形状を調整し、側面図の下絵と辻褄を合わせます。

 

ヒント
断面の形状、断面の位置、押し出されるカーブ をそれぞれ調整する事で、形状を確認しながら編集を行えることが出来ます。これが History を活用した具体的なモデリング例です。

このような History を活用したモデリングは、デザインを検討する必要がある場合(=変更が容易)、非常に有効なモデリング手法と言えます。 工業製品、インダストリアルデザインのモデリングにおいては、MAYASOFTIMAGE|XSI が適しています。

step12 img

ある程度調整が出来たら、押し出したサーフェイスのヒストリを消去し、 左へ反転したときに滑らかになるようにコントロールポイントを修正するなどの 微調整を行います。

Hulでまとめてコントロールポイントを選択し、スクリプトエディタで

move -x 0;

と入力し、Enterとすると X軸に揃います。

step12 img

次に接続部にフィレットを設定し、滑らかに繋がっているようにします。 サーフェイスカーブを押し出したので、HULで接触部を選択し、若干食い込むように右へ移動しておきます。

接続する二つのオブジェクトを選択し、

Edit NURBS>Surface Filet>Circular Filet option アイコン

Circular Filet オプションを開きます。

Circular Filet

カーブオンサーフェイスの必要はないのでチェックは入れません。 リバースの指定は入れません。もし、うまくいかないのであれば、対象の二つのサーフェイスの法線方向が正しいか確認してみるといいと思います。

step12 imgstep12 img

これらのHistory 機能は多くのメモリを消費します。今後、変更の必要がないと判断すれば、History を削除します。又は、History を残したファイルを別名で保存しバックアップをとる、などします。

step12 img



モデリング / TIPS / 考察

  1. モデリング ~ 目次 (一覧)
    1. NURBS モデリング 関連
    2. ポリゴン モデリング 関連

車のモデリング(NURBS)

  1. このドキュメントの概要
  2. ショートカットについて
  3. モデリング前の下準備
  4. フロント周辺のモデリング
    1. 肉厚をつけるには
  5. ボンネットを作る(プラン)
    1. カーブの投影を活用する
    2. フィレットの活用
  6. トリムとフィレットの活用
    1. ヒストリ(履歴)を活用する
  7. 車体(ボディ)の作成プラン
    1. Birailを使った断面
    2. 投影カーブから面を作る
    3. 投影カーブから面を作る 2
  8. Birail Tool (補足解説)
  9. ルーフ(屋根)部の作成
    1. 複数のカーブから面を作る
  10. エッジカーブから面を作る
  11. ホイールの作成例
  12. ロフト サーフェイス
    1. デザイン検討モデリング
  13. ヘッドライト(最後に)

関連ドキュメント

Alias Maya 7 概要

スプライン系 3Dモデラの特徴

ポリゴン系 3Dモデラの特徴


独学・学習の手引き ? ?

書籍 DVD ソフト ハード

separator

教本選びのポイント

MAYA 参考書 

MAYA おすすめ参考書 

モデリング関連 参考書 

separator

プロダクト(インダストリアル)

マーカースケッチ / 他


CG 制作資料室 ? ?

建築 人・動物 メカ 自然

separator

工業 / 商業製品 ・ メカニカル

資料 ~ 乗り物 

Five-View シリーズ 【洋】

Car Design Yearbook 【洋】

Haynes G.C. シリーズ 【洋】

陸上兵器 おすすめ資料

separator

乗り物 立体資料 (民間)

自動車全般 (タミヤ模型)

タミヤ模型のオートバイ

オートバイ模型 (楽天)

ミリタリー系 立体資料

ライティング・レンダリング考察

アニメーション関連 考察

テクスチャ / 表面材質

あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ