.
テクニック / 考察モデリング関連 NURBS >車のモデリング>モデリング前の下準備
トップページ

テクニック / 考察

3DCG Workstation


3DCG-WSに関する説明

取り扱いショップ

ルーフ(屋根)部の作成 2 ~ NURBSモデリング

モデリング関連

STEP-16 Birail 3+ Tool 使用例 ~ルーフ(屋根)部の作成

先ほどの作成したルーフ側面のカーブを利用しルーフを作成します。Birail 3+ Tool を活用したモデリングの実例です。

Birail Tool に関して補足解説追加しました。
参照 => インダストリアル系モデリング Birail Tool の活用とヒント(MAYA)

step16 img

X 軸を基点とするカーブを2本描きます。ルーフ側面のカーブに接している必要があります

 

step16 img

以下のコマンドで、ルーフ側面のカーブの余計な個所に切り込みを入れ削除します。

Edit Curves>Cut Curve

こちらの要領でSPAN数は統一しておきます。

Surface>Birail>Birail 2 tool

を使用してサーフェイスを作成します。

step16 imgstep16 img

結果です。バランス確認のために反転コピー(インスタンス)していまZす。

Birail 2 tool で作成したルーフ側面と、ルーフ部の接続がスムーズではありません。

このような正確なサーフェイスが要求される場合は、Birail 3+ tool を使用する必要があります。

step16 imgstep16 imgstep16 img

再度 Birail 3+ Tool を使用して作り直します。

先ほど Birail 2 Tool で作成したサーフェイスを 観察しながら、ルーフ側面のための新たなプロファイルカーブを描きます。

こちらも同じく、カーブはあらかじめ画きやすいコントロールポイント数で画いておき、カーブリビルドで、他のレールとポイント数を統一しておきます。

Birail 3+ Tool

を使用してサーフェイスを生成します。

後の微調整のため、レイルヒストリとカーブは残しています。面の調整は断面カーブを修正することで対応します。プロファイルカーブはレールカーブと接続されている必要があるため、レールカーブを変更する修正はできません。

レールカーブに変更が入った場合、プロファイルカーブとの接続が切れてしまうため、サーフェイスを生成出来なくなります。

TIPS
必ずHistory は有効にしておきます。プロファイルカーブを編集することでサーフェイスの微調整が行う必要があるからです。

step16 imgstep16 img

Birail 3+ Tool で生成したサーフェイスを微調整します。ルーフとの接点に関して修正します。

先にルーフ側面を作成するのではなく、ルーフ部を作成してから、そのエッジカーブを元にルーフ側面を作成する方が要領が良い事に気付きます。

ヒント
このような形状で滑らかに接続する必要がる場合、内から外へ向けてモデリングする方が良いと言う事になります。これらはカーブの特性を理解しているとこのような問題を回避する事も出来ます。

step16 imgstep16 img

プロファイルカーブが少ないとこのような結果になります。

この場合、新たにプロファイルカーブを追加して再度作成します。

この用に、Birail 3+ Tool は、プロファイルカーブの描き様によっては正確な形状を得る事が出来ます。

工業製品においては非常に使用頻度の高い機能ですので、このような回りくどい説明をしています。

また、ルーフ部において Birail Tool を使用していますが、このように作らないと不可ないわけではありません。フラッシュサーフェイスデザインにおいては、むしろ要領が悪いと言えます。

step16 imgstep16 img

補足解説

step16 imgstep16 img

一般的にフラッシュサーフェイスデザインの場合、右で示すように、ロフトサーフェイスでベース形状を作成し、Isoparm でNURBSサーフェイスを分割するアプローチの方が簡単です。

ただ、これではBirail ツールの有用性を説明できないのでこの様に解説しました。

冒頭でも説明しているとおり、車のモデリング方法ではなく、NURBSモデラーを理解するためのアプローチを示す事に重点を置いています。

同じ車でも様々な形状がありますので適材適所、適切なアプローチを考える必要があります。(モデリングプラン)

関連 => 3DCG モデリング習得のコツ・アドバイス ~3DCGの制作工程



モデリング / TIPS / 考察

  1. モデリング ~ 目次 (一覧)
    1. NURBS モデリング 関連
    2. ポリゴン モデリング 関連

車のモデリング(NURBS)

  1. このドキュメントの概要
  2. ショートカットについて
  3. モデリング前の下準備
  4. フロント周辺のモデリング
    1. 肉厚をつけるには
  5. ボンネットを作る(プラン)
    1. カーブの投影を活用する
    2. フィレットの活用
  6. トリムとフィレットの活用
    1. ヒストリ(履歴)を活用する
  7. 車体(ボディ)の作成プラン
    1. Birailを使った断面
    2. 投影カーブから面を作る
    3. 投影カーブから面を作る 2
  8. Birail Tool (補足解説)
  9. ルーフ(屋根)部の作成
    1. 複数のカーブから面を作る
  10. エッジカーブから面を作る
  11. ホイールの作成例
  12. ロフト サーフェイス
    1. デザイン検討モデリング
  13. ヘッドライト(最後に)

関連ドキュメント

Alias Maya 7 概要

スプライン系 3Dモデラの特徴

ポリゴン系 3Dモデラの特徴


独学・学習の手引き ? ?

書籍 DVD ソフト ハード

separator

教本選びのポイント

MAYA 参考書 

MAYA おすすめ参考書 

モデリング関連 参考書 

separator

プロダクト(インダストリアル)

マーカースケッチ / 他


CG 制作資料室 ? ?

建築 人・動物 メカ 自然

separator

工業 / 商業製品 ・ メカニカル

資料 ~ 乗り物 

Five-View シリーズ 【洋】

Car Design Yearbook 【洋】

Haynes G.C. シリーズ 【洋】

陸上兵器 おすすめ資料

separator

乗り物 立体資料 (民間)

自動車全般 (タミヤ模型)

タミヤ模型のオートバイ

オートバイ模型 (楽天)

ミリタリー系 立体資料

ライティング・レンダリング考察

アニメーション関連 考察

テクスチャ / 表面材質

あけぶれ公式サイト
3DCG検索 | コンテンツ検索 | 書籍・ソフト検索 | 国内検索 |
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ